体を洗う際、ボディーソープがかゆみの原因になることも!

【この記事は 8 分 前後で読めます】

ボディーソープ

当方は以前、風呂場で体を洗ってから妙に体がかゆくなったことがあります。「なぜだろう?」「何かいけないことでもしたかな?」と思いつつ、考えてみました。

そこで出た結論は、「ボディーソープが肌に刺激になった」ということでした。そう、新しく買い替えたばかりだったので、怪しいのがボディーソープしかなかったのですね。洗顔料でもハズレだとかゆみが出る場合がありますが、ボディーソープでも同じことが言えるのです。

今回は、なぜボディーソープによってかゆみが引き起こされるか、またどんな物を選んだら良いか、そして洗い方に関してもお伝えしていこうと思います。是非参考にしてみてくださいね。

原因

かゆみが生じるということは、そのボディーソープが肌荒れの原因になっているというわけです。主に考えられる原因は以下のとおりです。

  • 成分にアレルゲンや刺激物が入っている
  • 洗浄力が強すぎている

大きくはこの2つを疑えば良いでしょう。では、ひとつずつ解説していきます。

成分にアレルゲンや刺激物が入っている

アレルゲン・刺激物

実際に、ボディーソープの容器などに載っている成分表示を見てみると、実に色々な成分が入っていることが分かります。カタカナ、漢字、アルファベット、そしてやけに長ったらしい名前・・・。訳が分かりませんよね。

その中には、もしかするとあなたの肌には合わない成分が含まれているのかもしれません。要は、アレルゲンです。

そのアレルゲンの特定は困難を極めますが、ひとつやふたつ、合わない成分が入っていても何らおかしくありません。たとえアレルゲンでなくても、肌に刺激になったりすることもあります。合成香料なども怪しいですね。

これは個人差があって人によっても違ってくるので、一概には言えません。「そういう可能性もあるよ」と捉えてみてくださいね。

洗浄力が強すぎている

洗いすぎ

ボディーソープの多くには、洗浄成分として合成界面活性剤というものが入っています。食器洗いの洗剤にも入っているもので、乾燥肌を招く大きな要因と言われていますね。

と言いますのは、体中を洗ったときに、必要な皮脂分(皮膚を保湿・保護する役割を持っている)が剥がれ落ちてしまい、皮膚の水分が抜けていってしまうからです。

悔しいことに、ボディーソープのほとんどに、この合成界面活性剤が多かれ少なかれ入っています。もちろん保湿成分配合のものも数多いですが、その効き目のほどは実際に使ってみないことには知りえないのも、またややこしさを増していますね。

 合成界面活性剤とは一体何者か?といった声もあるが、上に書いたような洗浄の役割を果たす以外にも、実は水と油をうまく混ぜ合わせるための働きもある。歯磨き粉やクレンジング料、ひいてはシャンプーにも使われうる。だが、肌への刺激を鑑みて、合成界面活性剤ではなく天然の界面活性剤を使っているコスメも少なくない。なお、当方の知り合いの知り合いは、「そんな細かいこと、私は気にしない。気にするほうがストレスになってかえって毒だ。現に合成界面活性剤を使っていても、肌が健康な人はいくらでもいる。世の中理屈ではない」と述べている。なるほど、界面活性剤や有毒成分については、専門家による研究も道半ばということのようだ。

かゆみが出たら、こうしよう

いくら良質なボディーソープを使っても、かゆみが出るときは出ます。もちろん肌荒れになってしまう率は上がりますが、単なる乾燥肌になっている場合がほとんどでしょう。

そのため、もしかゆみが出たら以下の対処を実行に移してみてください。

  • 掻かない
  • 蒸しタオルなどで温めてみる
  • 次に化粧水やクリームを塗る

では、ひとつずつ解説していきましょう。

掻かない

掻かない

言うまでもないかもしれませんが、掻いてはなりません。

乾燥してしまっている部位は外的な刺激に弱くなっているので、掻くことで傷がつき、なおさら肌が荒れやすくなってしまいます。

掻くのではなく、手でさすってやるようにするか、次に示す方法でかゆみを抑えるようにしてみましょう。

蒸しタオルなどで温めてみる

蒸しタオル

アトピーの人がよくやりますが、温かい蒸しタオルを当てることで、かゆみを抑えることができます。ただ、これにもきちんとしたやり方があります。ただ闇雲に乗せれば良いというものではありません。

蒸しタオルは、一旦ラップなどしてから、電子レンジで30~60秒ほど温めます。温度としては、ちょうどポカポカと温かい感じがベストです。そして肌に優しく当てていきましょう。

それから、このまま終わりではいけません。このまま終われば気化熱によって肌が乾燥してしまいます。皮膚が柔らかくなって毛穴も開いている状態なので、すぐに化粧水やクリームを塗っていきましょう。そのほうが保湿成分が浸透しやすいです。

化粧水やクリームを塗る

化粧水やクリーム

普段顔に使っている化粧水で良いので、かゆみがあるところにたっぷりと塗ってみましょう。これだけでも随分とかゆみが気にならなくなるかと思います。ただ、乾燥だけでなく、ほかに何か肌トラブルがある場合は控えてください(化粧水の注意書きにも、トラブルがある場合は使用を控える旨が書いてありますね)。

そして大事なのが、保湿クリーム。別に洒落たものではなくてワセリンなどでもOKです。

当方の母は看護師をやっているのですが、看ているお年寄りの場合すぐに肌がカサカサになって掻きむしってしまうようなので、ワセリンを塗ってかゆみを緩和させているとのことです。油なので水分を与えることはできませんが、かゆみには大きな効果があるみたいです。

我が家でも、当方が「背中とか腰回りがかゆくて仕方がない!」と騒いでいると、母は「ワセリンでも塗っておいたら?万能な保湿剤だよ」と言ってきますね。

ただ、化粧水にせよクリーム類にせよ、肌荒れを治療する効果はない(ことになっている)ので、あくまでも乾燥防止やかゆみの防止という名目でお使いくださいね。

かゆみが出にくいボディーソープとは?

できることなら、あらかじめかゆみを防ぐことができれば良いですよね。つまり、ボディーの選び方から考えてみるというわけですね。

固形石鹸にすべき!?

固形石鹸

こういう話を聞いたことはないでしょうか?「液体タイプよりも固形石鹸タイプのほうが肌に優しい」と。

その理由として、合成界面活性剤が使われていない場合が多いという点が挙げられています。これは、液体と固形とでは製法からして異なることが原因となっています。

固形石鹸では、例外もありますが石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)からできていますが、液体の場合はそういうもの以外の合成洗剤からできています。

また、固形石鹸はまず弱アルカリ性であるのに対し、液体は多様。肌表面は弱酸性なので、弱アルカリ性の石鹸であれば「中和」(性質の打ち消し合い)してちょうど良くなると言われています。弱酸性の液体ソープだと、当然中和が起きないので、洗浄力が強すぎてしまう傾向にあるのです。

よって、ボディーソープは固形石鹸、しかも天然成分にこだわったものであれば安定の安心感があると言われているのです。

 ただ、液体であっても、肌に合うものはやはり使い心地が良く、洗い上がりも良い。そのため、固形石鹸なら絶対良いとは一概には言えない。アレルゲンの問題も考えると、100%安全なものなんて無いのだ。だから、先ほどご紹介した知り合いの知り合いは「そんな細かいこと、私は気にしない。気にするほうがストレスになってかえって毒だ。現に合成界面活性剤を使っていても、肌が健康な人はいくらでもいる。世の中理屈ではない」と言ったのかもしれない。ちなみに、当方は「よかせっけん」や「ノンエー」などの洗顔石鹸を、都合に合わせて使って体を洗ったりしている。

肌に優しい洗い方

どんなボディーソープを使おうが、洗い方を間違えれば肌に負担となります。そこでおさえておきたいのが、以下の項目です。

  • シャンプー後に洗う
  • 上から下に向けて洗う
  • 泡をしっかり立てる
  • タオルでこすらず手で優しく洗う
  • すすぎを入念に行う
  • すぐに保湿をしてみる

では、ひとつずつ解説していきましょう。

シャンプー後に洗う

先に体を洗うと、後でシャンプーしたときに、その成分が流れて肌に残ってしまうことがあります。シャンプーの成分は細かいことが多いので、なおのこと。

そのため、シャンプーをした後に体を洗ったほうが、シャンプー成分を洗い流すことができます。慣れないと違和感があるかもしれませんが、是非意識してみてくださいね。

上から下に向けて洗う

洗う順番

「こうしなければならない」ということはないですが、洗う順番は、

  1. 首や肩
  2. 腕や手
  3. 胸やウエスト
  4. 背中
  5. お尻や腿
  6. 下へ・・・

という感じで上から下に向かって洗うのが良いでしょう。

ただ、外陰部などのアンダーゾーン(デリケートゾーン)については別個に考えてください。詳しくは「アンダーゾーンの臭いや汗のセルフケア」の記事の中で説明しています。

泡をしっかり立てる

泡

液体ソープをそのまま肌に塗ったり、固形石鹸を肌に当てて滑らしたりせず、泡立てネットを使ってしっかり泡を立て、その泡で肌をなでるようにして洗ってみましょう。顔を洗うときと同じような要領です。

タオルでこすらず手で優しく洗う

タオルを使って洗うことが主流で、たしかにそれだとサッパリします。でも、摩擦により肌は傷むし、皮脂膜が落ちて乾燥肌になってしまいますね。だから、なるべくタオルは使わずに手を使って優しく洗いたいところですね。

「どうしてもタオルが必要なんだ!」という場合は、優しい素材で作られた、ボディーウォッシュ用のタオルやスポンジを買って、使ってみてくださいね。

すすぎを入念に行う

何と言っても最後のすすぎが肝心です。意外にも、この作業が蔑ろになっているせいで、肌に残った成分が刺激となってかゆみや肌荒れが生じてしまっているのかもしれません。

すすぎは、気持ち多めに行うほうが良いですね。でも、湯はさほど熱くなく、人肌程度の温度のほうが肌への負担が少ないです。40°Cを超えるような熱さだと、皮脂膜をたくさん落として乾燥肌を招いてしまう可能性があります。

すぐに保湿をしてみる

保湿

以上をこなしても、かゆくなるときはかゆくなります。洗うという作業である以上、少なからず肌は乾燥してしまうのです。それは致し方のないことです。

そのため、風呂から出たらすぐ、先ほどお伝えしたような保湿をしてみてください。かゆみが出そうなところに化粧水を与えたり、クリームなどで保護をします。

 風呂から出てすぐ保湿したほうが良い理由は単純だ。まだ皮膚がふやけていて、化粧水が浸透しやすくなっているためだ。これも洗顔後の化粧水と同じ要領なので、是非おさえておこう。

尋常じゃないかゆみや肌荒れの場合は皮膚科へ

以上では、セルフケアによる対策でかゆみを抑えることについてお伝えしてきましたが、場合によっては、自分だけの力ではどうにもならないことだってあるでしょう。

赤みが出てきてかゆみが酷くなったり、かぶれたような症状になったり、湿疹のようなものができたり、皮膚がめくれるようなことがあれば、すぐにでも皮膚科で診てもらうのが安心かと思います。脂漏性皮膚炎という疾患であることもありえるようです。

もしそこまで症状が酷くないのであれば、先ほどお伝えしたセルフケアをしながら様子を見てみると良いでしょう。それでも長引くようであれば、改めて皮膚科にかかってみてくださいね。

皮膚科へ

それでは最後に、今回お伝えした対策をおさらいして終わりにしましょう。

まず、かゆみが出ないようにするためには、以下の対策を打ってみるのでしたね。

  • シャンプー後に洗う
  • 上から下に向けて洗う
  • 泡をしっかり立てる
  • タオルでこすらず手で優しく洗う
  • すすぎを入念に行う
  • すぐに保湿をしてみる

これらを行うことで、かゆみや肌荒れの生じる確率は大幅に低下するかと思います。それでも、しばらくするとかゆみが出ることがあります。その場合は、以下の対処を施してみると良いということでした。

  • 掻かない
  • 蒸しタオルなどで温めてみる
  • 次に化粧水やクリームを塗る
  • 皮膚科にかかる(酷い場合や、長らく症状が続く場合)

いかがでしたでしょうか。一つひとつは単純なことかもしれませんが、これまでの習慣を変えるとなると、案外面倒に感じてしまうものです。でも、肌はとても大事。人目に付かない部位にこそ気を遣っていきましょう。

また、肌が弱っているとかゆみも肌荒れも生じやすいものです。食生活や睡眠の改善にも気を向けて、内側から元気で美しい肌を目指してみたいものですね。健闘をお祈りします。


このページの先頭へ