白コメド・白ニキビは潰すな!「チュルン」とケアしよう!

【この記事は 6 分 前後で読めます】

白コメドと白ニキビは潰すな!

顔やおでこにできやすい、白い小さなブツブツコメドや白ニキビ。こういったものは、どうしても爪でガリガリと削ったり、洗顔時にキュッキュッキュッキュとこすり落としたくなりますよね。

でも、そういうことをすると、肌が傷んでしまいます。

いや、きっとそんなことはすでに分かっていると思います。分かっているんだけれども、詰まり物は取り除いたり潰してやらないと、無駄にストレスが溜まりますね。それに第一、毛穴がプツプツと見えるのは、気分が萎えます。

そこで今回は、白コメドや白ニキビにお悩みの方に、とっておきの方法をお伝えしたいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

白コメド・白ニキビとは一体?なぜ「潰すな」?

前置きとして、白コメドと白ニキビについてお話をしたいと思います。これらは一体何なのでしょうか。

すでにご存知の方もいると思いますが、要は、毛穴に詰まった皮脂や古い角質のかたまりです。ざっくり言えば、毛穴の汚れのことをいい、俗に角栓といったりしますね。

角栓は、時間が経って酸化が進むと黒くなり、イチゴ鼻の原因となります。

まだ軽いうちはそれで済むものの、汚れが蓄積して毛穴が広がり、ボコッと皮膚が膨らんで来たら、それが白ニキビです。

白ニキビができている毛穴は非常に不衛生になっていて、アクネ菌の襲来によって、それが腫れ上がって赤ニキビになりえます。

白コメドは無理に削ってはならないし、白ニキビも無理に潰したりしてはなりません。一時はそれで済んでも、肌が傷付くことで免疫が落ちますし、毛穴も広がったりしてしまいます。それではさらに、コメドやニキビのできやすい肌になってしまいます。

このあたりのお話は、あらゆる対策とあわせて別の記事「顔中に小さいブツブツが!いったい何?そして原因は?」の中で述べているので、時間がありましたらご覧ください。

でもとにかくやっておきたい重要な対策は、「保湿」です。なぜ保湿が良いのか、下記で簡単に述べてみましょう。

「保湿」で攻めよ!

白コメドや白ニキビは、正しくピーリングを行うことでも取れます。エステサロンでも除去してくれます。でも、いくら高額なお金を払ってエステサロンに通っても、エステティシャンに言われるのは「保湿こそ命!」ということです。

どうして保湿が命?

保湿

外から取り除いたとしても、肌そのもののコンディションが整っていないと、根本的な解決になりません。

肌が持つ自浄作用(自らの力で毛穴の汚れを排出する力)がなければ、汚れが詰まりやすくなります。また、皮膚が固いと、毛穴から汚れが出づらくなってしまいます。たとえ毛穴掃除をしても、これでは本末転倒ですね。

そういった悩みを解決していくための重要な一歩は、やはり保湿です。保湿をして肌をうるおわせ整えていくのです。そしてうるおいを閉じ込めて、すこやかな状態をキープするのです。

ちなみに、保湿に加えて忘れてはならないのが、内側からのケア。要は食事です。そして睡眠やストレス面でも対策を行うことが大切で、それらはピーリングよりも優先順位が高く、それで手に入れた肌は、末永くあなたを支えてくれるはずです。

「チュルン」と簡単にケアしてしまえ!

保湿ケアを進めるにあたり、大変良い方法があります。

それは、「チュルン」(Churun) という白コメド・白ニキビ向けの保湿アイテムを使って、チュルンと簡単にケアをしてしまうことです(変なギャグを言ってゴメンナサイ)。

当方はおでこの白いブツブツが気になったので、「チュルン」を使ってケアをしてみました。コメド・ニキビの状態や出来具合に左右されると思いますが、なかなか良い効果を感じられました。

ただ、これだけでは保湿は完了しません。「チュルン」は、洗顔後の少し贅沢なケアとして使うためのものです。そしてこのケアの後は、通常の保湿ケア(化粧水以降)をしていくことになります。

ではここで、当方の「チュルン」体験談を、ざっとお伝えしていこうと思います。興味がありましたら是非目を通されてみてくださいね。

公式サイトはこちら
チュルン

当方の「チュルン」ケア

白ニキビ保湿パック「チュルン」

「チュルン」は、写真のとおりごくシンプルな保湿パックアイテムです。以下、感想や意見を盛り込みながら、当方が実際にやった流れで説明していきましょう。

まず、説明書をよく読む

「チュルン」に限らず何にでも言えることですが、まずは説明書をきちんと読むことが大切ですね。特に「チュルン」の場合は、正しく使わないと期待する効果が望めないとのことです。

正しく使わないと効果がない説明画像クリックで拡大できます

「チュルン」の場合、当方が特に気を付けたいと思ったのは、

  • 最低でも2日に一回、夜に使用する
  • 肌の状態が悪いときは、スキンケアの後に塗ってそのまま就寝(この場合、洗顔後には使わない)
  • 週に一度、チュルンパックしながら入浴

という点です。こう見てみると、一般的な化粧水などとは違い、少しだけクセがありますね。これこそ、少し贅沢なケアといえる使い方かもしれません。

ほかの説明書(スキンケアガイド)には、「チュルン」のケアのステップやお手入れ方法などが載っていました。購入したら、必ず目を通しておいたほうが良いですね。

ケアステップの説明

正しく使ってケアへ

説明書(スキンケアガイド)に書いてあるお手入れ方法を見ながら、正しくケアをしていきます。

チュルンの中身

クレンジング&洗顔後、上の写真のように一円玉くらいの量を手に取ります。ご覧のとおり、白く、乳液のようなテクスチャーです。むしろ、何も言わなければ乳液にしか見えませんね。

そしてこれを、当方はおでこに塗り、広げていきました。乳液のような使い心地ですね。香りはありません。その代わり、多少ですが成分らしきニオイがありました(気になるほどではありませんでした)。

塗ったら終わりではなく、10~20分ほど待ちます。このあいだ、当方はTwitterで遊んでいました(笑)  ※入浴時にケアする場合は、湯舟に浸かっていましょう。

10~20分ほど経ったら、ぬるま湯を少しずつ付けて、パックを落としてすすぎました。

・・・このように、「チュルン」は塗って終わりではなく、“ 落としてすすぐ ” という作業が基本です。これが終わったら、改めて通常の保湿スキンケアに突入します。

ただ、注意点があります。すすぎをしすぎると、せっかくの保湿効果が半減してしまうので、2,3回すすぐだけにします。または、水を含んだコットンで軽く拭き取ると良いみたいです。

すすぎすぎ注意の説明

【スペシャルナイトパック】 デートの前日や気になる人に遭いそうな日の前日は「スペシャルナイトパック」をしよう。普通は「洗顔→チュルン→いつものスキンケア」だったものを「洗顔→いつものスキンケア→チュルン」という手順に変える。最後にすすいだりすることはなく、塗ったままおやすみ…。眠っているあいだも、チュルンの膜が肌の水分の蒸発を極力防いでくれる。エアコンが効いている部屋などでは肌の乾燥もしやすいため、チュルンがとても頼りになるだろう。低刺激処方ゆえ、ニキビの上に塗ってもOKだから安心だ。翌朝洗顔をすると思うが、そのときに改めてパックが落ちるということになる。そして幸せな一日のスタートを切ろう!

ケア後はサラッとした

当方のおでこは、ケア前はザラザラしていたのですが、ケア後は少しサラッとした手触りになりました。

酸によるピーリングではないのでコメドたちがどっと落ちるわけではありません。でも、「チュルン」では保湿しながらのピーリングが可能で肌に優しく、その効果も見られました。

残ったブツブツは、無理に落とすことなく、肌の自浄作用で自然に落ちるのを待ちます。「チュルン」にはたっぷりの美容成分が含まれているので、その効果も期待しながら肌のうるおいを保ち、整えていくのです。

 なお、「チュルン」は白コメド・白ニキビに向けたアイテムだ。“ 黒い酸化コメドや赤ニキビは使えないのか?”  といった疑問がわいた人もいるだろう。それについては、付属の説明書にちょっとだけ説明があった。下図のとおりだ。

赤いブツブツや黒いコメドに使えるか?のQ&A
どうやら、「赤ニキビや黒コメドには使えません」ということが言いたいようだ。使っていけないことはないだろうが、あまりに赤く腫れあがって痛かったりしたら、そこは避けるが一番だ。赤ニキビに限らず、黄ニキビや紫ニキビがある場合は、極力患部に触れないようにしたほうが良い。そういう酷いニキビがあるなら、それ用のケア用品を使うか、皮膚科で薬を処方してもらうのが先だろう。逆に、白コメドも白ニキビもない場合でも、予防のために「チュルン」を使うことは公式的にもおすすめされている。

総評

「チュルン」の総評としては、ここでこうやってご紹介しているくらいですから、当然ながらにおすすめできるアイテムといったところです。

白コメドや白ニキビといった段階に見合った化粧品というのはそう多くないので、そういった点も考えると「チュルン」は(ニッチながらも)役に立つアイテムなのではないかと思います。

使い心地も悪くなく、低刺激ゆえに安心して使うこともできました。今回はおでこに集中的に使いましたが、顎下や二の腕などにも使えるのではないでしょうか。

人によって肌の状態はさまざまですが、肌も安定してターンオーバーサイクルが整えば、やがて悩みも解消されます。わずか2週間で効果を実感している人もいるようです。

一回ケアしたくらいでは満足できないので、これを地道に続けていくことが大切ですね。地味なケアを着々と続けていくことが、コメドやニキビの悩み解決への近道だと思います。

あと、前半でも述べましたが、こういったケアよりも大事なのが、やはり内側からのケア。特に食事の栄養バランスは大切です。また、睡眠やストレス面でのケアも忘れてはなりませんね。

「チュルン」の公式サイトはこちらです。
チュルン

 

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ