冬に頭が臭いときは、頭皮皮脂の蓄積や乾燥を疑ってみて!

【この記事は 9 分 前後で読めます】

冬の頭皮の臭いが嫌

冬は、夏に比べて汗をかく頻度が少なく、イメージとしては「臭い」に困らない気がしますよね。でも、冬だって頭は臭くなるし、その環境だって悪くなるのです。

臭いがあると何となく嫌ですよね。普通に生活をしている分なら他人に迷惑をかけることはないですが、顔を近づけたときや寄り添ったときなどにフワッと臭ってしまうことがあると思います。かぶっている帽子も臭ってしまいますね。

それに、「頭が臭い=環境が悪い=ニキビやフケ、抜け毛につながる」というわけなので、どうにか早く対策を練りたいところです。

この記事では、まずは冬の頭皮が臭いときの原因を述べて、それを踏まえて対策をお伝えしていきます。ぜひ参考にして、冬を元気に乗り越えてみてくださいね!

原因

この記事のタイトルにも簡単に書きましたが、冬の頭の臭いは以下のことが原因かと思います。

  • 頭皮の皮脂汚れの詰まり
  • 乾燥による皮脂過多

大きくいうとこの2つです。冬であっても、夏同様に「皮脂」が臭いを発生させている発端では?ということです。では、ひとつずつ解説をしていきましょう。

頭皮の皮脂汚れの詰まり

皮脂の詰まった毛穴

冬と夏の頭皮で、一番大きな違いといえば「汗をかくかかかないか」といったところでしょう。

冬は気温が低いため、汗をあまりかきません。そのため、頭皮の毛穴に汚れが詰まっていても、夏ほどには流し出してあげることができないのです。夏は大量の汗そのものが厄介ですが、冬は毛穴の皮脂で環境が悪くなりがちなのですね。

毛穴には、皮脂だけではなく皮膚の代謝で出た古い角質や老廃物なども溜まります。そして、頭皮をエサとする常在菌も繁殖して、臭いの元となる脂肪酸やアルデヒドを発生させます。

よって、冬でも頭皮が臭くなるのです。むろん個人差があるので、あまり臭わない人もいるでしょう。しかし臭う人は、後ほどお伝えする対策を打つことが大切です。また、過剰な皮脂の詰まりは頭皮ニキビを発生させることもあるので注意が必要です。

◆ 帽子や防寒具も影響している場合がある。「臭わないようにしよう」と帽子をかぶりすぎていると、頭皮が蒸してきて雑菌がわきやすくなるのだ。暖房の効いた部屋では特に言えるだろう。

乾燥による皮脂過多

頭皮の乾燥

冬は夏に比べて信じられないくらい乾燥しています(特に太平洋側)。

防乾対策をしていないと、瞬く間に頭皮は乾燥していきます。顔の肌と同じですね。髪なんかはもっと乾燥にさいなまれ、ゴワゴワしたりチリチリになったりうまくまとまらなかったりして大変。

頭皮は乾燥すると、顔の肌と同じく皮脂が大量に分泌されることがあります(体質にもよります)。それは正常な反応で、さらなる乾燥を防ぐために皮脂が出てくるのです。

よって皮脂が溜まりやすくなります。そこで汗をかく量が少なく皮脂が流れていかない、といった状態が拍車をかけることでさらに頭皮の環境は悪くなっていきます。こういった頭皮乾燥は、かゆみやフケ、炎症、ニキビを引き起こすこともあります。

こんなことも考えられる!

ほかにも原因として考えられるのは、寒いことによる血行不良と代謝の悪化ですね。こういうのも、毛穴の自浄作用の乱れに繋がりますし、頭皮の肌荒れにもつながります。

また、冬は夏に比べて動かない人が多いものです。寒いですからね。こたつに入って美味しいもの食べてゴロゴロする人も多いでしょう。寒がる時間を極力減らして最小限に行動をとりますよね。歩くときは最短距離でそそくさと。

運動量が少ないと、その分血行や代謝は悪くなります。その結果、体の機能が乱れたり肌の調子が悪くなったりします。脂肪も溜まりやすくなるのでダイエットにも悪いですね。

ほかにも、ストレスや食生活・睡眠生活の悪化などや、合わないシャンプーやワックスも頭皮環境の悪化にかかわっています。

このように、冬にもたくさんの原因が存在しています。冬に「頭が臭い」と悩む人は夏に比べたら少ないかもしれませんが、「夏は大丈夫だが冬はなぜか臭うんだよね」という人も少なくありません。しっかり対策を練っていきたいですね。

◆ 夏や冬を問わず、常時臭いがしたりフケやかゆみがたくさん出てくる場合は、単なる頭皮環境の悪化にとどまらないことがある。何かというと、それは「脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)」の場合だ。「顔の脂漏性皮膚炎」を解説する記事で原因を挙げてはいるが、実は特定できるほど分かっているわけではない。セルフケアもかなり大事だが、気になる場合はまず皮膚科等を受診してみると安心だ。

ストップ!な行為

ストップ

対策をお伝えしたいのですが、まずは「やめておくべき」ものを挙げていきましょう。これをやってしまうと逆に頭皮の状態が悪くなってしまう可能性があるので、気を付けてくださいね。

「読まなくても大丈夫」という方は飛ばしてください。

強く洗髪したり、何度も洗髪する

髪を洗うときにゴシゴシやりすぎていたり爪を立てていたりすると、頭皮が乾燥したり傷んだりします。同じく、臭いが気になるからといって何度も洗っても頭皮は荒れます。

たしかに、頭皮を洗ってあげることで「皮脂汚れ」は落ちるかもしれませんが、頭皮の肌荒れによるさらなる皮脂・臭い発生のほうが心配です。頭皮が傷むと髪も元気を無くしてしまいますので、心当たりがある人は気を付けてくださいね。

また、使っているシャンプーが頭皮に合わず、刺激になってしまっていたり洗いすぎているということも考えられます。頭皮を守る必要な分の皮脂まで洗い流すと、頭皮は乾燥したり荒れたりするので、その点に注意が必要ですね。

対策

冬にやってみたい頭の臭いの対策は以下のとおりです。

  • 頭皮に良いシャンプーで必要最低限に洗う
  • 乾かし残しがないようにする
  • 頭皮を保湿する
  • 外出時は防乾対策をする
  • 寒くても積極的に体を動かす
  • 睡眠時はあたたかく
  • 脂っこいものを控える
  • ストレスを発散する

少し多いので、やれるものからやっていくと良いと思います。では、ひとつずつ解説をしていきましょう。

頭皮に良いシャンプーで必要最低限に洗う

頭皮に良いシャンプーで洗髪

先ほど、「強く洗髪したり、何度も洗髪する」のはダメ!と言いましたが、逆に洗わないのもNG。頭皮の汚れ、老廃物、余分な皮脂を取り除くことで清浄にさせることは顔も頭も同じです。

ただ、「頭皮に良いシャンプー」を使うことがポイントですね。シャンプーの中には洗浄力の強いものがあります。そういったものだと汚れはしっかり落とせますが、皮膚を守ってくれる必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥を招きます。

そのため低刺激タイプのものを使うと良いでしょう。合成界面活性剤等が無添加のシャンプーがおすすめですね。一例としては「ラフィーシャンプー」などがあります。頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌で悩む人に良いシャンプーではないでしょうか。

>>> ラフィーシャンプー公式通販サイト

◆ あらゆるシャンプーの成分に関しては、色々サイトで述べられている。そこには、無添加シャンプーの落とし穴や有害成分などが書いてあったり商品の批判も書いてあったりするが、ざっくり言うと「完全なるシャンプーは残念ながらこの世には存在しない」と当方は考えている。当方は以前、大人気の低刺激シャンプーをドラッグストアで購入して使用してみたが、頭皮がひどくかゆくなったためすぐに使用を中止した。実際に試したからこそそう気付けたのだが、(世間的に良いと言われているシャンプーでも)自分に合うとは限らない、ということは肝に銘じておきたいところだ。だからといって怖気づいて何も使わないと、それまた頭皮に良くない。実に難しい課題だと思う。

乾かし残しがないようにする

ドライヤーで乾かすときに、乾かし残しをすることで頭皮環境が悪くなってしまうことがあります。特に、首のあたりや耳の周辺は乾かし残ししやすいのではないでしょうか。

頭皮環境が悪くなることで皮膚の機能が低下して、皮脂増加や荒れの原因につながります。オーバードライもいけませんが、頭皮はきちんと乾かすようにすると良いでしょう。

頭皮を保湿する

トリートメントなどを使って頭皮の保湿ケアをするのも、頭皮環境を整える上では有効な方法です。特に、フケが多く出る人やかゆみを伴う人におすすめですね。

原因の項でお伝えしたように、頭皮乾燥によって皮脂が過剰に分泌されることがあります。頭皮環境は悪化し、炎症を引き起こしてしまうこともあります。

できることなら、顔に化粧水を塗るのと同じような感覚で頭皮にもうるおいを与え、整えていくようにしましょう。

外出時は防乾対策をする

防乾対策

特に太平洋側では、冬の空気は甚だしく乾燥しているということでしたね。そのため、ニット帽や防寒グッズなどを利用して、頭皮の乾燥を守ってあげると良いでしょう。

ただ、ポイントは「外出時」です。室内でも暖房がさほど効いていなければOK。とにかく、頭皮が蒸してしまって逆効果となることがないようにすることが大切ですね。かぶり続けることはせず、頭皮の「換気」も忘れないようにしましょう。

寒くても積極的に体を動かす

寒いとあまり動きたくなくなりますが、頑張って動いてみてください。何かの作業中体操をしたりするだけでも良いし、30分~1時間くらいのウォーキングでも良いと思います。

小学生くらいのときは、誰でも元気に外で走り回っていたと思います(たとえ真冬の極寒日でも)。そのときの気持ちを思い出して、しっかり体を動かし、血行も代謝も向上させて汗をかきましょう。

運動はダイエットにも効果的ですし、冬にたまりやすい鬱憤も晴らすことだってできるかもしれません。寒いからといって縮こまれば縮こまるほど、健康度も美容度も下落していきます。

◆ ただ、寒いときこそウォーミングアップが重要だ。いきなり活発な運動をすると心臓に負担になることがある。冬に心臓麻痺で倒れる人は夏に比べて多い(特に朝)ので、必ずウォーミングアップ等をして体をあたためてから運動しよう。

睡眠時はあたたかく

あたたかくして眠る

冬は、睡眠中の寒さで睡眠の質が低下してしまうことがよくあります。それだと、ストレスや疲れがリセットされにくく、体の機能の乱れにもつながってしまいますし、風邪を引いたりして体・肌(頭皮)の調子も不安定になってしまうことがあります。

冬はしっかり毛布を利用し、部屋もあたたかくして眠るようにしましょう。特に朝方は冷え込むと思いますので、暖房機器の調節も手を抜くことなく行うようにすると良いでしょう。

脂っこいものを控える

頭皮に限らず、肌の皮脂量が増えたり脂っこい汗が出やすくなるのには、食生活も大いに関係しています。中でも一番注目したいのは「脂質」。これの摂りすぎには注意!

というわけで、フライ、ラーメン、ケーキ等々、頻繁に食べていないかどうか振り返ってみてください。特に冬は脂っこいものが美味しく感じ、食べすぎてしまう人も多いでしょう。バレンタインデーにはチョコレートもオンパレードですね。チョコレートにも脂質は多いですよ。

時間や興味がありましたら、是非「脂性肌なら食べるのを控えておきたい食べ物 厳選の10種」を読んでみてください。

ストレスを発散する

ストレスと頭皮環境はつながっています。心の乱れは神経の乱れ。皮脂コントロールやターンオーバー機能まで乱れてしまい、頭皮の臭いも増しやすくなります。

ストレスが溜まりかけてきたら、定期的を発散しましょう。とは言っても、わざわざ発散するより、食生活を整えたり睡眠の質を向上させたりして体の機能を整えると、おのずと心の調子も良くなっていきます。まずはそちらが先ですね。

ストレスは嫌でも溜まっていき、なかなか発散する機会を設けるのは難しいので、元気なうちに趣味を見つけ、健康的な生活が送れるようなリズムを作っていけると良いですね。嫌いな人とかいたら、白紙などにその人の悪口を殴り書きするのもなかなか気持ちが良いものですよ。

セルフケア以外の方法とは・・・?

セルフケア以外の方法

以上では、主にセルフケアとしての対策をお伝えしました。が、ほかにも方法があります。自分だけの力でどうすることもできないのなら、

  • 美容師に相談する
  • 皮膚科で診てもらう

という手を使うのも賢明ですね。

美容師は当然頭皮について詳しいはずなので、あなたの頭皮に見合った対策・改善策を見出してくれるかと思います。ただ、美容師は医師ではないので正確な診断や治療は不可能です。あくまで経験則にしたがったケア方法となるでしょう。

「頭の臭いを消す」ための治療を受けたい場合や、頭皮がどうなっているか具体的に知りたい場合は、皮膚科などで医師に診てもらうのが良いと思います。「脂漏性皮膚炎」などの疾患であれば、医師の力が必要になってきます。

最低1ヶ月くらいは頑張ってみて!

対策をし始めてすぐに効果が出るということは、まず無いかと思います。頭皮の環境を清浄にしても、頭皮が整った状態になって安定するにはやはり時間がかかります。

スキンケアの世界では、ターンオーバーは28日で一周だというのが常識となっているので、頭皮に関しても同じように考えると良いでしょう。もちろん、今生活が乱れていればターンオーバーも乱れているはずです。

何事も継続は力なり!3ヶ月は続けましょう!・・・と言いたいところですが、最低でも1ヶ月くらいは希望を持って続けてみてくださいね。今回お伝えした対策は、

  • 頭皮に良いシャンプーで必要最低限に洗う
  • 乾かし残しがないようにする
  • 頭皮を保湿する
  • 外出時は防乾対策をする
  • 寒くても積極的に体を動かす
  • 睡眠時はあたたかく
  • 脂っこいものを控える
  • ストレスを発散する

ということでした。まずは手っ取り早くシャンプーから攻めてみても良いかと思いますね。

>>> ラフィーシャンプー公式通販サイト


このページの先頭へ