アンダーゾーンの臭いや汗のセルフケア!やれる事を着実に

【この記事は 9 分 前後で読めます】

アンダーゾーン

アンダーゾーン(デリケートゾーン、外陰部ともいう)は、女性なら誰でも大切にしておくべきところ。体の聖地といっても過言ではありません。だからこそ、ケアには細心の意識が向くのではと思います。

異性と本能的なコミュニケーションをとる場でもあるため、元々、臭いが強くなる傾向にあります。いうなればフェロモンでしょうか。アンダーゾーン以外にも、同じくワキノシタも臭いが強くなる傾向にありますが、これも異性を惹きつけるための名残のようですね。

その臭いというのは、実は汗が原因にあります。そこで今回はアンダーゾーンの臭い対策ということで、汗のセルフケアについてお伝えしていきましょう。

その臭いは汗のせい!

アンダーゾーンが臭ってしまうのは、主に汗が原因となっています。とは言っても、汗なんてものは体の至る所でかきますよね。手にだって額にだって胸にだって。汗が原因なら体全体が臭くなるはずです。でも健康な体では、汗は基本的に臭わないものです。

ところが、例外的な汗があります。それは、今回話題にしているアンダーゾーン、そしてワキノシタや足の裏などに出てくる汗です。これらの汗は、いくら健康な人でも、そして大量にかかなくても、体質によって臭ってしまうことがあるのです。

アポクリン汗腺から出てくる汗がネック

汗

汗が出てくるところを汗腺といいますが、それには次の2種類があります。

  • エクリン汗腺
  • アポクリン汗腺

エクリン汗腺は体中に存在しています。一方で、別の記事「皮脂とは?汗とは?これらの明確な違いとは一体何か?」でも述べているように、アンダーゾーン、ワキノシタ、足の裏ではアポクリン汗腺も多く存在しています。アポクリン汗腺こそがフェロモン器官だと言われています。

アンダーゾーンの臭いで悩むあなたは、もしかするとワキガではありませんか?ワキガでないにしても、元々体臭が強いという自覚はないでしょうか?臭いが強いのは一種の体質で、フェロモン機能の名残が強いと言えるかもしれませんね。

汗の成分や皮脂を常在菌が分解

常在菌

エクリン汗腺の汗はほぼ水で構成されていますが、アポクリン汗腺の汗にはタンパク質や糖質、脂質、アンモニアなどの成分が多分に含まれています。そして皮膚の常在菌がそれを餌にして分解することで、強い臭いを発するようになります。

また、デリケートゾーンは皮脂腺が多いのも特徴です。すると当然皮脂の量も多くなりますね。それもまた常在菌・雑菌が分解し、臭いが発生します。上記のアポクリン汗腺の汗の臭いと相まって、アンダーゾンなどはさらに強い臭いを発するようになります。

エクリン汗腺の汗も見逃すな

エクリン汗腺の汗は水分量が多いので、ほぼ無臭といって間違いはありません。でも、汗がべたついたままになっていたりすると、皮脂と混ざったりもして雑菌が繁殖するようになり、臭いが発せられます。

鼻の横のところを少し削って臭いを嗅ぐと、ちょっとだけすっぱい臭いがすることがありますね。まさしくそれです。アポクリン汗腺の汗が原因となった臭いに比べれば微々たるものかもしれませんが、エクリン汗腺の汗も臭いを助長している可能性があるのです。

 なお、ニンニクやネギ、タマネギなどの入った料理を食べると、その後に汗が臭いやすくなる。もし「今日だけなんか臭いんだよね」というときは、今日または昨日にニオイの強い料理を食べたかどうかを振り返ってみよう。また、アンダーゾーンの場合は、アンダーヘアに尿が付着することもあり、これが臭いの原因となっている可能性もある。特にニンニク料理を食べた後は尿も臭いやすくなるので注意が必要だ。

対策はたったの2つ!?

アンダーゾーンの臭いを抑えるための対策は、大きく分けるとたった2つしかありません。でも、きっとすでにあなたが頭に思い描いていることだと思います。以下のとおりです。

  • 清潔にする
  • 制汗する

ごくごく当たり前のことですね。用を足した後、汗をかいた後には、清潔な状態にしておくことで臭いの悪化を防げます。また、臭いの主な原因は汗であるわけですから、あらかじめ汗が出にくいようにすれば良いわけです。

でも、実はこれだけでは満足いく対策ができません。当たり前のことだからこそ、皆が当たり前のようにやるはずです。それなのに、臭いが気になるときは気になるものです。

そこで、以下ではもっと拡大し、色々なセルフケアの対策をご紹介していきましょう。

セルフケアによる色々な対策

当方が考えた主なセルフケアは以下のとおりです。

  • 制汗よりも除菌に力を注ぐ
  • 優しく負担をかけずに洗う
  • サプリメントの力を借りる
  • 臭いやすい食べ物を控える
  • ストレスをきちんと解消する
  • 睡眠の質を高める
  • 進んで体を動かすようにする

できることから順番に、今日からやってみましょう。では、ひとつずつ解説していきたいと思います。

制汗よりも除菌に力を注ぐ

除菌

先ほど制汗をすると良いというお話をしましたが、それよりも「除菌」をすることで、より頑丈に臭いを防ぐことができます。なぜなら、雑菌こそが臭いを発生させる元凶だからです。

ただ、直接除菌スプレーをアンダーゾーンに噴きかけることはできませんね。そんなことをしたら、逆に肌荒れを起こしたりトラブルが起こってしまいます。また良い菌まで殺すわけにはいきません。それに、デリケートゾーンとも言われるのですから、極力手を加えたくないところですね。

ではどうしたら良いのか?といったら、とにかく毎晩、優しく負担をかけずに洗ってあげることです。それも、アンダーゾーン(デリケートゾーン)向けの石けんを使って。

優しく負担をかけずに洗う

負担をかけずに洗う

雑菌の増殖を抑えてくれる成分や臭いを抑えてくれる成分の入った、アンダーゾーン(デリケートゾーン)向けの石けんを使い、毎晩の入浴時にきちんと洗っていきましょう。これだけで対策ができるのですから、とても手軽です。

一方で、普通のボディソープなどは、刺激や負担、そして効果の面で不安が残るので、極力、アンダーゾーンへの使用は控えたほうが良いかもしれません。

そこで当方が例としておすすめするのは、「ジャムウ・ハーバルソープ」という固形石鹸です。アンダーゾーンのみならず、ワキノシタ、その他さまざまな部位にも使える(つまりボディソープのように使える)ので、これがひとつあればだいぶ心強いかなと思います。

公式サイトはこちら
>>> LCラブコスメティック公式

 ※ 体験談が、こちらの記事にあります。
 >>> 「あそこが臭うときの原因とおすすめの対策用石鹸

サプリメントの力を借りる

上記では、体外からのケアについてお伝えしました。それに対して今度は体内からのケアです。

今の時代、実に色々な対策グッズが販売されており、アンダーゾーンの臭い対策サプリメントもそのひとつです。あくまで補助食品であって薬ではないので絶対的な効果は保証できませんが、気軽に呑めるところがまた魅力的ですね。

これも例ではありますが、「フロプリー」というサプリメントがあります。まさに体内から臭いを防ぐためのものです。ただ、少々高額で、なかなか一歩を踏み出せない点がネックなので、購入する方はよく検討するようにしましょう。ソープ付きなので、その点は有難いかと思います。

公式サイトはこちら
フロプリー

臭いやすい食べ物を控える

臭いやすい料理

タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニクなどを使った料理が好きな人は、それを少し控えることで、ある程度臭いを抑えることができるでしょう。特にデートや行為の前などでは、これを徹底してみたいですね。選ぶべき料理屋にも気を付けましょう。

なお、臭いやすい傾向にある料理の例をここで挙げておきたいと思います。以下のとおりです。

ラーメン、餃子、カレーライス、パスタ(ニンニク入り)、焼肉、唐揚げ、生野菜サラダ(タマネギ入りやニンニク入りドレッシング付き)など。ほか、酒、肉、乳製品、ジャンクフード、スナック菓子なども、体臭の原因となりえます。

「そんなこと言ったら、食べる物がなんにもねーじゃねぇか!」と叱られそうですが、まあこれらは臭いやすい「傾向にある」というだけで、絶対とは言い切れません。でも、勝負どきには避けるのが無難でしょう。臭ってしまうと百年の恋だって冷めかねませんもの。

ストレスをきちんと解消する

体の免疫力を高め、自浄作用も向上させるには、やはり余計なストレスを溜めないことですね。ストレスは自律神経の働きを狂わせていくので、その影響で体も不調になりやすくなります。

ストレスを溜めやすい人は、実際に体臭や口臭が強くなる傾向にあります。汗だって悪い汗になりやすいのですね。その悪い汗については「緊張すると出る変な臭いは、皮脂や悪い汗のせいである!」の記事に詳しいので、興味がありましたら是非ご覧ください。

ストレスの解消法としては、実にさまざまですが、なるべく小出しすることが大切です。毎日、嫌いな奴の悪口を紙に書いて破り捨てるのでも構いません。ただ、SNSなどに書くのは、たとえ非公開でもやめましょう(運営側に見られたり、バグやハッキングなどによってバレてしまうおそれがあります)。

睡眠の質を高める

心身を安定させるためには、やはり睡眠の質を高めることが一番です。忙しい方だと「それは無理」と思うかもしれませんが、別に時間を増やすことだけが大切だとは限りません。質そのものを高めるということが重要です。

これに関しては、別の記事「寝不足はダメ!ニキビは睡眠と深くかかわっているんだよ!」の中で述べています。少しでもリラックスした睡眠をとりたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

睡眠の質が高まることで、自律神経のバランスも整い、悪い汗が出てくることも減り、雑菌に負けない健康的な体をつくることができます。加齢による身体の衰えとともに叶いにくくはなりますが、やるかやらないかだったら「やる」を選ぶべきでしょう。

進んで体を動かすようにする

運動

これも、やるかやらないかだったら「やる」を選ぶべきですね。体のめぐりを良くしてあげるためにも、積極的に体を動かすように努めてみましょう。

運動をした後は汗をかき、臭ってしまうこともあります。でも、運動不足によって体に負のエネルギーが溜まってしまうことこそ、心身には毒です。めぐりが悪い体では、それだけで汗の質も落ち、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

体を動かすといっても、難しく考える必要はありません。エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったり、近くのお店に行くときに歩いたり自転車で行ったりすることでも良いのです。無理のない範囲で体を動かしていきましょう。

臭いが漂う範囲はどのくらいか?

アンダーゾーンの臭いというのは、あなた自身だけが感じているわけではありません。パートナーはもちろん、くっついてきた子供だって感じているし、実は見ず知らずの他人だって気付いている可能性があるのです!

東北大学大学院の坂井信之准教授(2015年11月現在)によると、臭いが漂う範囲というのは次のようです。

気温や湿度の高さ、風の有無といった環境に左右されるため一概には言えませんが、基本的に体臭は“自分の半径1m×高さ2m”の円柱くらいの範囲に漂っていると考えられています。

引用元:R25

引用元のサイトが男性向けのサイトなので、これが女性にも当てはまる情報なのかというのは不明確ですが、同じ人間ですから大差はないでしょう。

半径1m

でも、“自分の半径1m×高さ2m” に漂うのですから、電車や混んだ場所、狭い部屋などでは、近くの人に臭っている可能性があるというわけですね。まあ、アンダーゾーンの場合は衣類等で被されているので臭いは飛びにくくなると思いますが、一応「半径1m」というのをおさえておくと良いかもしれません。

臭いの気にしすぎは毒

最後に、少しだけ開き直りのアドバイスをお伝えしましょう。

見出しにもあるとおり、「臭いの気にしすぎは毒」です。

臭いは、あなた自身は気になって当然です。それに、遺伝子の近い家族も、本能的にその臭いを「ウッ」と思うことはよくあることです。対して、見ず知らずの人の場合は、遺伝子が遠いほど、臭いに関して「ウッ」となる可能性が低くなるそうです。

まあ、臭いの質にもよるので一概には言えないと思いますが、案外、自分が気にしているほど臭っているわけではないかもしれません。いや、臭っていても、それがあなたの魅力かもしれません。中には匂いフェチの男性がいますが、その人にとっては大好きな匂いなのかもしれません。

臭い(匂い)は個性のひとつでもあるのです!

臭いは個性

また、臭いが気になるからといってあまりに掃除しすぎると、逆に善玉菌の増殖を抑えたり肌を荒らしてしまったりして、もっと臭いやすくなってしまうこともあります。どうしても臭いが気になるときは、今回お伝えしたケアを無理なくやっていくことですね。

では、今回お伝えしたセルフケアをまとめ、終わりにしましょう。

  • 制汗よりも除菌に力を注ぐ
  • 優しく負担をかけずに洗う
  • サプリメントの力を借りる
  • 臭いやすい食べ物を控える
  • ストレスをきちんと解消する
  • 睡眠の質を高める
  • 進んで体を動かすようにする

これらをやっても臭いが気になるなら、皮膚科や美容外科などに相談してみても良いかと思います。アポクリン汗腺の手術もありますので、お金と気持ちと時間に余裕があるなら、検討してみるのもアリでしょう。

ジャムウ・ハーバルソープの公式サイト
ジャムウ

フロプリーの公式サイト
フロプリー

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ