皮脂が多い肌(乾燥性も含む)におすすめの保湿アイテム

【この記事は 9 分 前後で読めます】

皮脂におすすめの保湿アイテム

皮脂が多い人は、「本当に保湿していいのか」「ニキビができたらどうしよう」など、保湿ケアに関して色々な悩みを抱いていると思います。でもそうやって悩む時間はもったいない!というわけで、おすすめの保湿アイテムをご紹介しましょう。

ただ、「皮脂が多い」と一口に言っても、正真正銘の「脂性肌」と、乾燥肌由来の「乾燥性脂性肌」があります。どちらも保湿のスキンケアは重要ですが、分けて考えたほうが良いので、ここでは項目を分けてご紹介しますね。

もし「自分はどっちなのか見分けがつかないな」と思ったら、別の記事「乾燥肌か脂性肌かあなたはどっち?違いと見分け方のまとめ」を参考にしてみてください。

成人女性だと、「乾燥性脂性肌」のほうが圧倒的に多いと言われているため、まずそれにおすすめな保湿アイテムからご紹介しましょう。

乾燥性脂性肌(オイリードライ肌)編

乾燥肌脂性肌

乾燥性脂性肌の場合、皮脂が多く出てくるにもかかわらず、肌そのものはすっかり乾燥してしまっています。多くの女性をはじめ、男性でもその傾向にあります。

そのため、「乾燥肌」や「敏感肌」と同様の保湿ケアが必要です。

そのケアにおすすめなのが、以下の3つ!

  1. ディセンシア アヤナス

    年齢肌や敏感肌にもアプローチ!

  2. コーセー 米肌

    毛穴の開きや黒ずみにもアプローチ!

  3. オルビス アクアフォース

    水分を閉じ込めて逃がさない!

これは、当方がおすすめしたい順番でランキング形式にしました。

とは言っても、どれも優れた基礎化粧品なので、3位だからといって劣っていることはないし、1位だからといってこの世で最高ということはありません。好みや性質で選んで大丈夫です。

それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

ディセンシア アヤナス

乾燥肌・敏感肌向けのブランドであるディセンシアから出ているアイテムです。しっとりとした使い心地や安心のバリア感は非常に人気が高く、「保湿ケア×エイジングケア」の最高峰と言っても過言ではないと思います。

「敏感肌」や「年齢肌」の人に特におすすめですね。その理由は、アヤナスの目的が「枯れ肌やゆらぎ」にアプローチして肌を整えてハリを与える、ということだからです。

  • しっとりとやさしい使用感
  • 極小セラミド「セラミドナノスフィア」による浸透保湿
  • 特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」による保護バリア形成
  • 「コウキエキス」で肌をすこやかに整える
  • 「CVアルギネート」でハリ・弾力を与える

あと、ゼラニウムやラベンダーの天然植物成分由来の香りがあります。ストレス肌の癒しにもピッタリではないでしょうか。

トライアルセットは、ローション(濃密化粧水)とエッセンス(糖化ケア美容液)とハリアップクリームの3点です。

アヤナスの公式サイトはこちら
【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

コーセー 米肌

化粧品ブランドの中でも非常に名高いコーセーから出ているアイテムです。米肌は毛穴で悩む女性に非常に人気の高いです。

毛穴が目立つ人は皮脂も詰まりやすい傾向にあり、また肌も乾燥してハリを失っていることが多いでしょう。米肌は、うるおい不足の毛穴肌に働きかけていきます。

  • さっぱりとみずみずしい使用感
  • 「ライスパワーNo.11」による水分保持(医薬部外品効能として)
  • 「乳酸Na」や「グリコシルトレハロース」による保水
  • 乾燥から肌を守る「グリセリン」

「さっぱりとしている!」という点が大きいですね。乾燥肌由来の皮脂過多といっても、どうしてもベタツキが気になってしまう人もいると思いますが、米肌はそういう人におすすめかと思います。

トライアルセットは豪勢に6点も。洗顔用の石鹸からクリームまで揃っています。クリームが苦手な人のために、よりみずみずしいジェルクリームも付いています。

米肌の公式サイトはこちら
米肌トライアルセット

オルビス アクアフォース

化粧品やサプリメントなどで有名なオルビスから出ているアイテム。ずばり、純粋に隠れ乾燥肌そのもので悩んでいる人におすすめです。

アクアフォースは、特別セットの購入時に「Lタイプ」(=さっぱりタイプ)と「Mタイプ」(=しっとりタイプ)を選ぶことになっていますが、基本的には好みでOKかと思いますが、清涼感を得たいなら「L」、そうでないなら「M」が良いでしょう。

  • さっぱりタイプとしっとりタイプが選べる
  • 海藻由来の「ラミナリアA」による貯水的な保湿(洗顔料以外)
  • 「アクアフィックスシールド」(モイスチャーに配合)による保護(保湿液)
  • 肌のうるおいに近い、オルビス独自の水を使用
  • 油分フリー処方

エイジングケアとかは眼中になく、純粋にうるおいケアを徹底したい人にアクアフォースはおすすめですね。特に20~30代の人に人気が高いアイテムでもあります。

特別セット(=トライアルセット)は、アクアフォースローション(本品)、洗顔料、保湿液(モイスチャー)の付いた3週間分うるおい体験セット、そして好きなサンプル3点です(変更の可能性があるので、現在の情報は公式サイトでご確認ください)。

【参考】オルビスアクアフォースのレビューはこちら

乾燥ニキビを防ぎたいなら

「乾燥性脂性肌」であっても、真の「脂性肌」と同様に「ニキビ」ができてしまうことがあります。なぜなら、肌のターンオーバーが乱れていたり、皮脂や老廃物が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が襲来してくる可能性があるからです。

「ニキビが不安だなあ」「ニキビができそう」という人は、次の「真の脂性肌編」でおすすめしている「富士フィルム ルナメアAC」も検討してみると良いでしょう。

真の脂性肌(オイリー肌)編

脂性肌

真の脂性肌の場合は、肌の乾燥はありません。体調や心の調子が悪かったり、ホルモンバランスが乱れていたり、思春期であったりする人がこのタイプの傾向があります。

それでも、肌を整える保湿ケアは重要です。が、油分が多いアイテムだと肌環境が悪くなる場合があるので、「乾燥性脂性肌」とは少し違った選び方をしましょう。

おすすめは、以下の4つ!

  1. アルトパブリック ラシュレ

    脂でベッタベタギットギトな顔に!

  2. フレア プリモディーネ

    脂性肌のあらゆる悩みにアプローチ!

  3. 富士フィルム ルナメアAC

    大人ニキビの元凶にアプローチ!

  4. グランディム オイルプロテクト

    保湿なんか知るか!というテカリ男性に!(女性もOK)

これも「乾燥性脂性肌」編と同様、当方がおすすめしたい順番にランク付けしました。

とは言っても、どれも優れた基礎化粧品なので、3位だからといって劣っていることはないし、1位だからといってこの世で最高ということはありません。好みや性質で選んで大丈夫です。

それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

アルトパブリック ラシュレ

「テカリやベタツキが気になるけど、保湿はきちんとやっておきたい!」「化粧崩れを防ぎたい!」という人に向いているのが、ラシュレという保湿ジェル(医薬部外品)です。

皮脂が多い人は、毛穴が開いて目立ちやすい傾向にあります。そのため、このアイテムには、皮脂バランスを整え、毛穴を引き締めた上で、うるおいも逃がさないようにする工夫が成されているようです。

  • テカリやベタツキの悩みにアプローチする
  • 「ビタミンC誘導体」「サイプレス」などが脂性肌をケア
  • 皮脂抑制による化粧崩れ防止が可能
  • 豊富な保湿成分や「水溶性プラセンタ」でターンオーバーを整える
  • 香りはやや青っぽい感じ

ジェルなのでしたたることがなく、使いやすさは群を抜いています。伸びも良く、肌によく馴染んでくれました。ただ、香りは微香性ですが、草のような青っぽい感じがあり好みが分かれそうです(当方はOKでした)。

脂性肌をピンポイントでターゲットとしているアイテムはなかなかありません。ラシュレのようなアイテムは、少しレアな存在かもしれませんね。

ラシュレの公式サイトはこちら
RaSuRe ‐ラシュレ‐

【参考】ラシュレのレビューはこちら

フレア プリモディーネ

フレアという会社から出ている「プリモディーネ」は、脂性肌の嫌な特徴である、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、くすみといった点にアプローチするアイテムです。

さらに、メラニンの生成を抑えるシミ対策や、肌にハリを与えるエイジングケアも兼ねているので、年齢肌の気になる脂性肌の人にはプロモディーネがおすすめです。

  • ニキビに特化せず、広範囲からの脂性肌対策が可能
  • 「水溶性ビタミンC誘導体」+「浸透型ビタミンC誘導体(APPS)」でエイジングケア
  • 「αアルプチン」でメラニン原因のチロシナーゼを強力に阻害
  • 「酵母エキス」でニキビ跡やくすみにアプローチ&保湿

さらっとしたテクスチャーですが黄色い液体なので、ちょっとクセがあるかもしれません。慣れないとビックリですが、脂性肌のオールマイティーなケアに向いている人気の高いアイテムですね。

トライアルセットは、「お試しセット」と「スターターセット」の2種類があります。前者はVCローションしかないため、洗顔料やジェルクリームなども付く後者のほうが良い気がします。

プリモディーネの公式サイトはこちら
プリモディーネ

富士フィルム ルナメアAC

脂性肌の人と最も縁の近いのが「ニキビ」です。脂性肌の改善は「うるおせば解決」というのとは別物。とても難しいものです。生活改善や体質改善が必要ですね。

でも、そうやって日々の対策をしているうちに、何度もニキビに悩まされることになります。それではいたたまれないので、ニキビケアアイテムで効率良くケアをしていきましょう!ということです。そこで頼れるのが富士フィルムのルナメアACです。

カメラで有名な富士フィルムは、2006年に化粧品分野に参入し、今では地位を確たるものにしているようですね。ルナメアACは、富士フィルムの商品の中でもかなりの人気を誇っているアイテムです。

  • ニキビ予防に良い薬用化粧品でケア可能
  • 独自のナノ成分「アクネシューター」で脂分を吸着
  • ノンコメドジェニックテスト済だから安心
    (ただ、全ての人にニキビの元ができないわけではない)
  • 「ハーバルモイストエキス」によるやさしい保湿
  • さっぱりとした使用感

「真の脂性肌」でも、大人なら最低限の保湿は大切。「ニキビケア×保湿ケア」のできるルナメアACはかなりおすすめできます。もちろん「乾燥性脂性肌」(オイリードライ肌)のニキビにも使うことができます。しっとりタイプの化粧水がありますが、「真の脂性肌」の人は控えましょう。

お手入れキット(トライアルセット)は、ファイバーフォーム(洗顔料)と薬用化粧水(さっぱりタイプ)、薬用ジェルの3点と、しっとりタイプの薬用化粧水2回分です。

ルナメアACの公式サイトはこちら
ルナメアAC

【参考】ルナメアAC1週間お手入れキットのレビューはこちら

グランディム オイルプロテクト

脂性肌の人には「保湿はしたくない!」という人もいるでしょう。そういう人におすすめできるのが、このオイルプロテクトです。その名のとおり、「オイル(皮脂)からプロテクト(保護)する」ということですね。

男性に人気の高いアイテムですが、脂性肌の女性でもOKでしょう。ただ、該当する人は少ないと思うので、「100%脂性肌だ」という自覚がある人だけに限られるでしょう。

  • 男っぽいアブラギッシュな肌にアプローチ
  • 「皮脂吸収粒子」が皮脂をキャッチしテカリを抑制
  • 水分や汗を弾く
  • 「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」でハリを与える
  • 「EGF」や「ビタミンC誘導体」で肌を整える

保湿アイテムではありませんが、肌のキメを整える機能もあるので、「どうしても潤いケアは苦手だ」という人にはおすすめなアイテムかと思います。

でも、「水分を弾く」ため、その後しばらくは別途化粧水を塗っても浸透しにくくなるので、「別に化粧水を使おう」という人は時間を置いてからでないといけませんね。

オイルプロテクトの公式サイトはこちら
オイルプロテクト

保湿ケアだけで、本当に肌は良くなるの?

以上にて、おすすめの保湿アイテムをランキング形式でご紹介しました。気に入ったものはありましたか?お役に立てたのでしたら嬉しいです。是非、毎日ケアを根気良く続けていってくださいね。

ただ、スキンケアアイテムだけで肌が改善されることは「ありません」。どんなに素晴らしいアイテムを使っても、以下の点にも気を遣わない限りは、いつまでも現状維持、もしくは悪化することだってあります。

  • 食生活や睡眠生活の改善
  • ストレスや疲れを溜め込まない
  • 体を十分に動かし、健康的な生活を送る

こうやって言葉でいうのはとても簡単ですが、いざやってみるとなかなか難しいですよね。だから「完ぺき」というのはまず無理だと思います。

でも、やれることから対策を進めていくことはとても大切なことですね。美しいモデルさんたちは、皆、生活面にも大きな労力を費やしているそうです。

大変かと思いますが、ぜひ上に挙げた対策も進めてみてくださいね。ほんのちょっとの心がけがあれば、きっと日々のスキンケアにも相乗効果が生まれると思います!

では最後に、今回ご紹介したおすすめの保湿アイテムを、もう一度簡単にまとめておきたいと思います。

<乾燥性脂性肌>

  1. ディセンシア アヤナス

    年齢肌や敏感肌にもアプローチ!

  2. コーセー 米肌

    毛穴の開きや黒ずみにもアプローチ!

  3. オルビス アクアフォース

    水分を閉じ込めて逃がさない!

<ニキビ肌>

  1. 富士フィルム ルナメアAC

    大人ニキビの元凶にアプローチ!

<脂性肌>

  1. アルトパブリック ラシュレ

    脂でベッタベタギットギトな顔に!

  2. フレア プリモディーネ

    脂性肌のあらゆる悩みにアプローチ!

  3. 富士フィルム ルナメアAC

    大人ニキビの元凶にアプローチ!

  4. グランディム オイルプロテクト

    保湿なんか知るか!というテカリ男性に!(女性もOK)

どれにしようか迷ってしまっても、まずは使って試してみることが肝心です。「迷う」ということは「どれでもいい」ということの裏返しですので、デザイン性やあみだくじなどで決めてしまえば良いと思います。

上に挙げたものに限らず、ほかにも色々な化粧品があるので、ぜひ満足できる自分だけのアイテムを探してみてくださいね!

 

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ