隠れ熱中症で肌荒れや乾燥が生じるかもしれない!?

【この記事は 5 分 前後で読めます】

隠れ熱中症

梅雨から夏を経て秋にかけて、健康面で一番危惧されるのは、ずばり熱中症です。その字のごとく、暑さに体がやられて脱水、高体温、体調不良などを招く症状などをいいます。日射病や熱射病もその一種ですね。

「私は暑さに強いから大丈夫!」と考えている人もいるかもしれませんが、今回ご紹介する「隠れ熱中症」は、そういう自信満々の人ほど要注意。

この記事では、隠れ熱中症についてと、それによる肌荒れや肌乾燥についてお伝えしていこうと思います。

熱中症と隠れ熱中症

熱中症と隠れ熱中症

熱中症とは、脱水によって体温が上昇し、体の機能不全や血流低下を招き、目まいや倦怠感、頭痛、吐き気などといった症状が現れる急性疾患のことをいいますが、自覚があるのが普通です。

真夏日に外で活動をしていると、汗がダラダラ出てきてクラクラしてくることがあります。そして「ダルい~」「ノドが渇いて死にそう」「なんか頭がポーッとするから早く寝たい」といった気分になりますね。

でも、そういった気分をほとんど抱くことがない、無自覚の熱中症があります。それが「隠れ熱中症」です。「隠れ脱水」というのもこの一種と言えます。

汗もさほど多く出ず、本人は健康そのもののつもりで過ごします。しかし、実は体中の水分が減っていて、気付いたら倒れていたということにもなりかねない、大変恐ろしい状態です。

隠れ熱中症は熱中症の一歩手前といった意見が多く聞かれますが、一歩手前に限る話ではなく、気付いたときには重症化していることがあるというわけです。

なぜ隠れ熱中症にかかる?

人間の体なんて神秘そのものなので、隠れ熱中症にかかる原因なんて一概には言えないと思います。

しかし、ある程度知っておかないと対策ができないので、主な原因だけ挙げてみましょう。

  • 温度が低く、暑い気がしない
  • 汗が蒸発しやすい環境にいる
  • 元々自覚が薄い

では、ひとつずつ簡単に解説していきましょう。

温度が低く、暑い気がしない

暑い気がしない

涼しい部屋で過ごしていると、なかなか脱水症状に気付けないものです。エアコンの効いたオフィス、電車や自動車内、寝室などにいる時間が長いときは要注意です。

汗は、暑い場所だとダラダラ出ますが、涼しい場所でもじわじわとにじみ出てきています。特に夏場は多く出ますね。しかし、派手に出ないがために気付かないのです。体からどんどん水分が抜けていっているのにもかかわらず・・・。

汗が蒸発しやすい環境にいる

汗の蒸発しやすい環境

扇風機の風にずっと当たっていたり、外でも風が強いところにずっついたりすると、肌の表面上の温度が下がり、また汗も蒸発しやすくなります。

そのせいで、実は体から水分が出て行っているにもかかわらず、それに気付けなくなります。

エアコンを使っていなくても、風に当たれば体感温度も下がります。本当は熱中症なのに、その涼しさのせいで紛らわされてしまうことがあるのです。

元々自覚が薄い

感性は人によってさまざまです。敏感な人から鈍感な人までいますね。自分の体で起こっていることについても、敏感な人とそうでない人がいるでしょう。

同じ症状でも、Aさんならすぐに「私、調子悪いかも」と気付いても、Bさんだと「特に感じない」ということは往々にしてあると思います。この場合、Aさんのほうが弱い体のように見えますが、実はBさんのほうが危険ですよね。

“ なんとかは風邪を引かない ” といいますが、まさにそのような感じです。もっとも、鈍感だからといって、その “ なんとか ” であるとは限りませんので、誤解されないよう・・・。

 隠れ熱中症というか隠れ脱水は、夏場だけでなく冬場にもかかりうる。コタツに長時間入っていたり、暖房の効いた部屋に長時間いる場合、思いのほか汗が体が出て行き、知らない間に脱水症状に陥ってしまうというわけだ。コタツで眠ってしまうことが多い人は要注意。

肌に出てくる、隠れ熱中症の影響

隠れ熱中症と肌荒れ

隠れ熱中症の影響は、肌にも出てきます。当記事のタイトルにもあるように、肌荒れや肌の乾燥が主な例と言えましょう。

体から水分がなくなるので、当然肌に満たされるはずの水分も減ってしまいます。水分は肌の弾力性やすこやかさを保つものなので、それが減っては肌はかさつきますし、しなやかさを失ってしまいます。

それだけではありません。脱水によって体温が上昇し体の機能に異変が生じると、代謝機能だって不安定になってきます。肌バリアだって弱って、外的な刺激に影響を受けやすくなります。

これは、別に隠れ熱中症に限らず、普通の熱中症にだって言えることですね。ただ、隠れ熱中症の場合は、涼しい部屋で過ごしているということも相まって、肌がカサカサになりやすいといった側面もあると思います。

 ※ 関連記事:「冷房で招く肌の乾燥と肌荒れ!うっかりしてると危ないぞ

いずれも一時(いっとき)のことなので、熱中症が改善されれば肌の調子も戻ってくると思いますが、毎日熱中症が継続してしまうと、肌の状態が慢性的に不安定になり、ニキビやくすみ、シミが増えてしまうようなこともありえるでしょう。

隠れ熱中症やそれによる肌荒れの対策

隠れ熱中症を予防する対策は、普通の熱中症を予防するのとほとんど変わりません。

  • ノドが渇いていなくても水分をこまめに摂る
  • なるべく涼しく過ごせるように工夫する
  • 直射日光を避ける
  • 栄養満点バランスの良い食事をとる
  • 質の高い睡眠をとる
  • 自分は強いと自負しすぎない

そして、肌が荒れてしまった場合は、一刻も早く熱中症治療に専念し、同時に以下のように肌をいたわってあげましょう。

  • 火照っていたら水(日焼けなら氷)で冷やす
  • 化粧水でたっぷりの水分を与え、少しの油分でバリアする

以上の全ては、なにも究極の方法ではなく、至って普通で当たり前な方法ですね。こういった地味な対策を地味に継続していくことで、大きく功を奏すのだと思います。

 特に注目しておきたいのは、「ノドが渇いていなくても水分をこまめに摂る」というもので、一気に水分をとるとオシッコになって大量に出ていってしまいやすいため、間を置いて飲むことをオススメする。また、冷たい飲み物は胃腸を冷やし、それもまた健康や美容に良くない。ホットを飲めという行き過ぎたことは言わないが、なるべく常温に近い冷え具合の飲み物が良いだろう。水分が減ったときにノドが渇くようになっているため、そうなる前からこまめに摂っておくよう心がけよう。それでもトイレが近くなることがあるが、気にしたら負けだ(ただし、睡眠中の頻尿は睡眠の質の低下につながるので、飲みすぎにはくれぐれも注意し、必ず涼しい部屋で眠ろう)。

 

以上、隠れ熱中症と肌荒れに関するお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

夏のスキンケアに関する記事はほかにもあるので、是非参考にしてみてください。

もう一度言うと、隠れ熱中症(隠れ脱水)は夏だけではなく冬にもかかりうるものなので、冬にも以上でお伝えした対策を施し、健康的な生活を送っていただきたいと思います。

また、当ブログはスキンケアが軸となっているので、熱中症やその対策に関しての詳しい情報は、他のサイトを参考にしていただくことを推奨します。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ