顔中に小さいブツブツが!いったい何?そして原因は?

【この記事は 8 分 前後で読めます】

小さいニキビ

おでこや頬、顎の下のあたりに、小さく細かいニキビのようなものがブツブツと。別に痛くもかゆくもないわけですが、やはり気になりますよね。手で触るとザラザラし、そのザラザラのせいでメイクも乗りが良くなくムラが出てしまったりもします。

放置しておいても大丈夫なのでしょうか?もしかしたらこのまま大きくなって、顔中ニキビだらけになってしまうのではないか・・・?と不安が頭をよぎったりも。

一体、顔にある小さなニキビのようなブツブツは一体何なのでしょう?そして原因は?治し方は・・・?この記事では、顔の小さなブツブツのお話を展開しています。是非参考にして、プラスのエネルギーをもらっていってくださいね。




スポンサーリンク

一体、何?そして原因は?

顔の小さく細かいブツブツは、おそらくこれです。

  • 白ニキビ

「え、やっぱりニキビ?」と思った人もいると思いますが、まずそれが怪しい。いくら痛くなくてもかゆくなくても、小さくて細かくても、それはニキビと同類のできものです(ここでは一貫して「白ニキビ」と表記します)。

もちろん、それ以外にも「湿疹」であったり「顔面毛包性紅斑黒皮症」(顔にできる「毛孔性苔癬」のようなもので、あまり白くはない)などの場合もありますので、一概に白ニキビと断定することはできません。

でも、白ニキビというのは実に多くの人が持っていて、悩んでいる人も多いでしょう。ここでは白ニキビのお話を軸にして進めていきたいと思います。

白ニキビはなぜできるか

なぜ白ニキビができるか

白ニキビができる原因は至極シンプル、でもけっこう残酷です。ずばり、

  • 毛穴に角栓が詰まっている

というのが、大きな原因です。要するに、毛穴の中に皮脂や老廃物などがぎっしり詰まっているのです。

本来は、正しいスキンケアを続けていて、きちんとターンオーバーが働いていれば白ニキビはできません。が、そうでないから、白ニキビができてしまうのです。

 ターンオーバーとは、簡単にいえば皮膚の生まれ変わり(新陳代謝)のことをいう。28日を一周期としていて、古い皮膚は自動的に垢(あか)となって剥がれ落ちていく。ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもいけないので、いかに肌を安定させるかが大事だ。毛穴の自浄作用もこのターンオーバーの恩恵を受けており、ターンオーバーの乱れは毛穴トラブルの原因となる。

そうなってしまう要因というのもあります。「脂性肌」という肌質がありますが、そうでなくてもブツブツとして白ニキビができます。以下の要因をご覧ください。

  • 洗顔を強くやり過ぎている or  洗い足りない
  • 保湿がしっかりできていない
  • ストレスが溜まっていたり体に不調がある

順に詳しく説明していきましょう。

洗顔を強くやり過ぎている or 洗い足りない

ゴシゴシと強い力で洗顔をしていたり、一日のあいだで洗顔をしすぎていると、皮膚の粘膜に刺激が加わりすぎて乾燥肌や敏感肌を招いてしまうことがあります。すると、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

また、肌を守ることばかり意識した洗顔もいかがわしいですね。「クレンジングや洗顔の役目を説明してください」と言われて、自信を持って説明することはできますか?

クレンジングや洗顔というのは、肌を清浄にして肌環境を良くすることが役目です。つまり、洗顔を省いたり、クレンジングをしっかりやらなかったり、洗浄力の弱い洗顔料を使ってしまうと、皮膚や毛穴の汚れを落とし切ることができません。すると毛穴が詰まりやすくなります。

保湿がしっかりできていない

保湿不足も肌のターンオーバーが狂ったりする要因となります。保湿のスキンケアの役目は「肌を潤わせる」ことに違いはないですが、それはイコール「肌をすこやかに保って保護する」ということを指します。

保湿の手を抜いたり、誤った方法でスキンケアをしていると、肌の調子が乱れやすくなります。対策については後ほどお伝えしますね。

ストレスが溜まっていたり体に不調がある

ターンオーバーが乱れる要因のひとつに、ストレスがあります。体は、神経の働きがあってこそ機能します。が、ストレスによって自律神経に負荷がかかると、代謝活動が乱れていきます。

ストレスだけではなく、風邪や病気などによってもターンオーバーは乱れやすくなります。「ニキビの有無は内臓の健康バロメーターでもある!」の記事の内容のとおり、白ニキビの有無も健康のバロメーターとなるのです。

控えておきたいスキンケア

やめておくべきこと

ここで、小さいブツブツがある人がよくやりがちな間違ったスキンケアについて述べておきましょう。それは、

  • こすったり削ったりする(潰す)

といったものです。

当方もよく、額や顎下(顔のすぐ下の首の前部分)に白っぽく細かいブツブツができます。見た目はニキビではなく、本当、何かの固い粉が付着したような感じです。少し爪を立ててカリカリすることで、ポロポロと落ちていくことがあります。

そうやって削り落とした後は、一見するとキレイになったように見えます。でも、粘膜には細かい傷が付いているのですよね。こすったり削ったりというのは、肌をいたわるためにも避けておくべき行為だと思います。

 でも「全くダメ!」とも言えない。白ニキビのうちに潰しておくのは、他のサイトなどでもけっこうおすすめされている。というのも、放っておくと赤ニキビに悪化するおそれがあるため、早いうちにニキビの息の根を止めようというわけだ。 ただ、当方のスタンスは、「白ニキビでも潰すというのは控えておこう」だ。後ほど解説するが、細かいブツブツに対しては適度なピーリングなら大きな効果が見込めるかもしれないので、手や爪で削るくらいならその方法を用いよう。

脂性肌でなくても、白ニキビはできえる

ニキビというと「脂性肌」というイメージがありますよね。なぜなら、ニキビができる要因に「皮脂」が大いに関係しているためです。

しかし先ほどご説明したように、毛穴には角栓が間違いなく詰まります。また、「乾燥肌なのに脂性でテカる!5つの対策と化粧水の選び方」の記事に書いたように、乾燥肌であっても皮脂がたくさん出てきて、それがニキビの材料となってしまうことがあります。そういう肌を「乾燥性脂性肌」と当方は呼んでいます(実質的には「乾燥肌」です)

でも、やるべき対策はほとんど変わりません。細かい違いはありますが「肌を整える」といった目的は同じです。

対策

上で原因をお伝えしましたが、小さいブツブツ白ニキビの対策は、原因を打ちのめすためのものだと思っておいてOKです。

  • 洗顔は欠かさずに正しく行う
  • 保湿をしっかりと行う
  • 程良くピーリングを行う
  • 体や心をいたわって生活を送る

それでは、ひとうずつ解説していきましょう。

洗顔は欠かさずに正しく行う

洗顔

「正しく」行うことが大切です。

先ほど原因の項でお伝えしたように、強くやり過ぎても控え目にしすぎてもいけません。ブツブツのできやすいおでこや顎下(顔下)まで隙間なく洗っていきましょう。

当方がおすすめしている洗顔方法は、「洗浄力」がありつつも「低刺激性」の洗顔料を使った洗顔です。泡立てタイプの場合は手を抜くことなく泡を立てて洗い、最後はしっかりと洗い流していきましょう。

「元々私はニキビができやすい体質かも」という人は、ニキビ防止用の洗顔料を使うといった方法もあります。「ファーストクラッシュ」は良い例です。ただ、これは泡が立ちにくいといった点がありますので、好みは分かれるかもしれませんね。

保湿をしっかりと行う

保湿

何と言っても保湿は命のスキンケアです。「脂性肌」の場合は「保湿は逆効果になる」といった声も一部ではありますが、当方は欠かしてはならないと考えています。

乾燥肌由来の「乾燥性脂性肌」の場合は、肌の奥がカラカラの大地のようになっているので、しっかりと潤していきましょう。特に乾燥が気になる時期は、油分の多いクリームなどでガッチリカバーすることを忘れずに。

正真正銘の「脂性肌」の場合は、たしかに肌の潤いの面では比較的安心ですが、肌を整えるために化粧水を積極的に使いましょう。サラッとしたサッパリタイプが良いでしょう。油分の多いものだとベタツキや毛穴詰まりが悪化することがあるので、注意してくださいね。

ニキビの元凶にアプローチするケアアイテム
>>> ルナメアAC

 ※ ルナメアACの体験レビューあり。

また、白いブツブツ用ニキビの保湿パックアイテムである「チュルン」が、強くおすすめできます。夜、洗顔後・化粧水前の、少し贅沢なケアとして使えます。

「チュルン」の公式サイトはこちら
チュルン

 ※ チュルンの体験レビューあり。

程良くピーリングを行う

ピーリングとは、ピーリング剤などを使って、皮膚の古い角質を落としてターンオーバーを整えるためのスキンケアを指します。

上のほうで、「こすったり削ったりする(潰す)」ことを控えましょうと言いましたが、ピーリング剤を用いて適度に行うのであれば、白ニキビ(角栓が詰まった細かいブツブツ)に対しては大きな効果があるかもしれません。

ただ大袈裟なこと言うと、ピーリングは肌の表面を削るケアであるわけですから、やり過ぎると肌を傷めてしまうことがあり、肌荒れ・肌トラブルの原因にもなります。

そのため、ピーリングは週に1回、多くても2回くらいにとどめておくのが無難ですね。

 さらに言えば、もし洗顔・保湿で間に合っているのであれば、ピーリングを無理してやる必要はないだろう。特に慣れていない場合はやらない方向で考えよう。

体や心をいたわって生活を送る

ストレス対策

ターンオーバーの乱れは、ストレスや体調不良からも来るということでしたね。そのため、いかに心身共に健康的に生活を送っていけるか?という視点からも対策が必要です。

ストレスに対抗する方法は「ストレスによるニキビの対策!少しでも楽に効果を出そう」の記事に詳しく書いてあります。若干認知療法に近いようなストレス解消法をご紹介していますよ。

風邪や病気については、幾分仕方がない面もありますが、まずは食生活や睡眠生活の改善を図っていきたいものですね。

赤くなる前にやっつけろ!

小さいブツブツの白ニキビと言えど、油断は禁物です。メカニズムとしては、毛穴に角栓や皮脂が詰まっている、ということでしたね。要するに、毛穴の環境が「悪い」というわけです。

現状維持しているならまだしも、ちょっとでも環境が悪化すると、もっと大きな白ニキビができてしまう可能性もあります。

さらに、アクネ菌などが侵入してもっと毛穴環境が悪くなると、毛穴の奥から炎症が生じます。するとニキビが赤く腫れあがります。これを俗に「赤ニキビ」と呼びます。

一度「赤ニキビ」になってしまうと、その改善・完治には労力や時間を費やすことになります。

当方も以前に赤ニキビができたことがありますが、下手に触らずに放置していたら治りました。しかしそれは不幸中の幸い。何も手をつけないと、膿んだり色素沈着して跡に残ってしまう可能性が大きいのです。セルフケアも大切ですが、皮膚科の力を借りずにはいられなくなります。

そうならないように、まだ雑魚の段階でやっつけてしまうことが大切です。白いうちはまだマシなのです。それが小さく細かいブツブツレベルであればなおさら雑魚なので、早いうちに始末しちゃいましょう!

白ニキビから赤ニキビへ

では最後に、今回のおさらいをしておきましょう。

主な原因は毛穴の詰まり(白ニキビ)

肌の不浄さやターンオーバーの乱れなどで毛穴は詰まりやすくなる

手や爪やゴシゴシ削ったりしないようにする

対策は以下のとおり

  • 洗顔は欠かさずに正しく行う
  • 保湿をしっかりと行う
  • 程良くピーリングを行う
  • 体や心をいたわって生活を送る

以上です。色々書きましたが、結局は「基本的」なことを「着実に」やっていくだけです。でもそれが意外に難しいのですよね。ですから、やれることから少しずつ攻めていきましょう。

そしてある程度「楽観的」に!完璧にこなすのも理想ですが、それを思いすぎてストレスになってもいけないので、思いつめないように楽しい気持ちでケアしていってくださいね。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ