肩こりや首こりがあると肌も荒れやすくなるのです!

【この記事は 5 分 前後で読めます】

肩こり・首こり

毎日毎日肌のお手入れを頑張っているのに、いつまで経っても肌の調子が悪く、毛穴のボツボツやニキビや敏感肌に悩まされている人は少なくありません。

ではなぜ、スキンケアをしていても肌の調子が良くならないのでしょうか?

もしかしたら、ずばり肩こりや首こりのせいかもしれません。体がこり固まっていると、いくらケアをしても食事を気を付けても睡眠の質を上げても、効果は今一歩です。

そこで今回は、肩こりや首こりがなぜ肌荒れを引き起こすのかお伝えし、対策をお話ししていこうと思います。是非参考になさってみてくださいね。

何故こると肌に悪いのか?そもそも「こり」とは?

まず、肩こりや首こりなどといった「こり」というものは、どういったもののことをいうのでしょうか。

筋肉が固くなり、血液の循環が悪くなっている

よくある症状としては、肩や首が固くなったり重く感じたりするといった状態です。ガチガチ・バキバキといった擬態語で表現することもありますね。一旦そうなると、体もダルくなり、フットワークも重くなってしまいがちです。

「こり」の原因は特定できないことが多く、医学的にもなかなか究明しにくいそうです。でも一般的には、何らかの影響で筋肉が固くなってしまい、血液の循環が悪くなったことに起因すると言われています。

血液の循環が悪くなると、それだけ老廃物も溜まりやすくなり、必要な栄養分や水分も行き渡りにくくなります。よって、これが「こり」といった症状として現れるのです。

 症状を感じないこともある。当方の場合、肌の手入れがなかなかうまく功を奏さなかったためエステサロンに行ったら、エステティシャンに「すごいこってますね!」と言われた。自分では全くそうは思っていなかったが、言われて初めてそんな気がした。知らず知らずのうちに疲れが溜まっていたようだ。

肌の代謝も低下してしまう

必要な栄養分や水分が行き渡りにくくなったり老廃物が溜まりやすくなれば、肌の代謝も悪くなってしまいます。

肌の代謝とは、要はターンオーバーです。ターンオーバーは28日周期で行われていますが、それが不安定になり、肌のキメが粗くなったり、角質が厚くなって柔軟性を失ったり、抵抗力が落ちてしまったりします。

それによって、シワができやすくなったり、毛穴の中の汚れが自然排出せずにシミになってしまったり、雑菌なども寄せ付けてニキビが増えてしまったり・・・といった、あらゆる肌トラブルが懸念されるようになります。

これらは、日頃のスキンケアでもある程度はマシになりますが、こりが生じていることで、そのスキンケアの努力が水の泡となってしまうことも往々にあります。スキンケアした直後は良くても、時間が経つと肌が荒れたりもします。

ほか、肌が弱ってしまうと、紫外線や刺激にも弱くなってしまい、シミや傷もつきやすくなります。その結果、敏感肌ともいえる状態が慢性的に続いてしまうのです。早めに対処すれば間に合うかもしれませんが、時間が経てば経つほど手遅れになる率も高くなります。

最たる対策はずばり、こりを解決していくこと

こりが原因だと分かっているのであれば、こりを解決していくことが一番の対策です。

こんな心当たりはありませんか?

肩こり・首こりの対策

  • 毎日同じような姿勢をキープすることが多い
  • 我慢強く、イライラしてもあまり口に出さない(ストレスを溜めやすい)
  • 元々体が固い
  • 運動不足である
  • リラックスできる睡眠姿勢がとれていない

いずれも、肩こりや首こり、そして腰痛などが生じる遠因となっているかもしれません。そのため、これらを全て解決していくことが大切です。日頃の努力こそ!ですね。

 当方の場合、こういった文章を書くことが多いので体が固まりやすい。元々体も固いほうだし、運動量も少ない。しかも、先述のエステティシャンいわく、「ずいぶんストレスを溜め込まれているようですね」とのこと。これまた知らないうちに色々我慢していたようだ。自分の美意識の足りなさを痛感した。もっと自分を大切にし、自分の心とお話をしなければならないなあと思った。

病院を検討する場合

肩こりや腰痛は、単に上記に挙げたことが遠因となっているとは限りません。内臓の病気や怪我から起こっていることもありえますので、痛みを伴ったり酷く具合が悪い場合は、間違いなく病院で診てもらうのが安心です。

何科が良いのか?といえば、まずは「整形外科」で良いでしょう。症状の大元がどうであれ、まずは整形外科で外科的治療や原因究明を行います。もし、内臓や脳の病気などに起因していると発覚すれば、それに見合った診療科で治療を進めることになります。

サロンを検討する場合

エステサロン

フェイシャルメニューのあるエステサロンやマッサージサロンに通ってみるのも良いかと思います。

当方は、エステサロンにて肩こりや首こりが発覚しました。もちろん、肌の毛穴洗浄や保湿などもきちんとやってもらえましたが、肩や首、そして頭部、目のくぼみ、デコルテなどもマッサージしてもらい、とても体が軽くなりました。

病的なこりは病院でないと治りませんが、同じ姿勢が続いたことによる筋肉の硬直や、知らず知らずのうちのストレス緊張などは、マッサージを受けることによってかなり緩和されます。

もちろん、日頃の生活の仕方や癖を改めなければまた体は固くなってしまいますが、定期的にサロンに通えば、それが癒しの時間となりますし、プロのエステティシャンに悩みを吐け、美容情報を直接学ぶこともできます。

多くのサロンには体験コースがあると思うので、「サロンは抵抗が・・・」と感じる人も、気軽に試してみてはいかがでしょうか?たしかに、当方もはじめはかなり抵抗がありましたが、一度行っただけで気分がとても良くなりました。

日頃の筋トレやストレッチも欠かさずに

日頃あまり運動をしない人は、1,2日置きくらいで筋トレやストレッチを行うと、筋肉もしなやかになって体の巡りも良くなり、美容と健康に恩恵をもたらしてくれることでしょう。

ただ、体を動かすことによって痛みが生じるのであれば、症状が進行してしまっている可能性があり、体を壊しかねません。一応病院で診てもらうようにしましょう。

筋トレやストレッチ

以上、肩こりや首こりの原因や、その影響による肌トラブル、対策についてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

最後に簡単にまとめて、終わりにしたいと思います。

  • 同じ姿勢、運動不足、ストレスなどが遠因となって こる。
  • こりは、病気や怪我からくることもある。
  • こると、体も代謝が悪くなって肌も荒れやすくなる。
  • 筋トレ・ストレッチ、運動、ストレス解消、リラックス睡眠を心がける。
  • エステで癒してもらったり綺麗にしてもらう手もあり。
  • あまりに症状が酷かったり痛みを伴うなら病院へ。
  • もちろん、これまでのスキンケアや内部ケアも忘れずに。

人間、老いたら体に不調は現れるもの。しかし、それを良いことに、ケアを怠っては非常にもったいないです。まだまだこれから。これからです!体に無理なく続けられる、素敵な美容プランを築き上げていってくださいね。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ