鼻の毛穴の角栓が取れない!それはなぜ?もう無理なの?

【この記事は 6 分 前後で読めます】

鼻の角栓が取れない

鼻の角栓は、本当に憎くて厄介な存在ですよね。毛穴からニョキニョキと顔を出し、酸化して黒くなってイチゴのようになってしまったり。これでは、人と顔を合わせるのも億劫になりかねません。

実に多くの人が角栓に悩まされ、洗顔やピーリングに念を入れて日々スキンケアに励んでいることでしょう。

しかし、思いどおりに取れないのがまた悔しいですね。中には何年もケアをし続けているのに悩み続けている人もいます。角栓は、なぜ取れないのでしょうか。もう、諦めたほうが良いのでしょうか。

角栓の原因と、取れない理由

角栓ができるのには訳があります。取れないのであれば取れないなりの理由というものがあるはずです。これらをまず把握することが、スキンケアの効率化の第一歩です。ご存知の方は飛ばしてください。

できる原因

原因

角栓は、シンプルにいうと皮脂の塊(かたまり)や、古くなった角質、そしてメイクの成分の塊が原因でできます。要は、毛穴詰まりということです。

人間の肌というのは、28日周期を基本にターンオーバー(新陳代謝)が行われ、古い皮膚(角質)が剥がれ落ちていきます。それを我々は「垢(あか)」と呼んでいて、これがまず毛穴に入ったりします。

さらに、メイクをしている場合は、毛穴にファンデーションやパウダーなどの細かい粒子が入り込みます(狭義では、「角栓」の構成にこのメイク成分は含みません)

そして、毛穴には皮脂腺というものがあり、そこから皮脂が分泌されています。この皮脂には粘性があり、毛穴に入った垢や粒子を固め、毛穴を排水口のように詰まらせてしまいます。これで角栓の完成です。酸化すれば黒ずみになります。

洗っても取れない理由

洗っても取れない理由

いくら鼻を洗っても、毛穴にできた角栓は取れません。では、それはいったいなぜでしょうか。考えるだけでも腑に落ちず、イライラしてきますよね。

理由はずばり、以下のとおりです。

  • そもそも洗顔料も湯もそこに届いていない
  • 表面部分だけ取れているだけ
  • 一応取れてもすぐにまた作られてしまう

大きくこの3つの理由が挙げられるのではないか?と当方は考えています。

そもそも洗顔料も湯もそこに届いていない

洗顔料の質や使い方にも左右されますが、そもそもきちんと洗えていないことがあると思います。洗えていなければ、当然角栓はそのまま残り続けます。

「いや、毎度しっかり泡を立てて丁寧に洗っているんだけど」という人もいると思いますが、実は空回りしているかもしれません。ある人はその方法で良くても、あなたの場合なら合わない、ということもあるのです。肌は不思議です。

表面部分だけ取れているだけ

こういったパターンが多いのではないでしょうか。上の「洗えていない」というパターンとほとんど変わりませんが、毛穴から飛び出ている部分(角栓のほんの頭の部分)だけしか洗い落とせていないということです。

これだと、ニョキニョキと派手に顔を出すことはなくなっても、当然毛穴のポツポツは目立ちます。

時間が経ってくると、また奥から表にニョキニョキと顔を出し始めます。そして酸化すれば黒く目立つようになります。

 なお、酸化するまでの時間だが、「顔の皮脂の酸化や臭いに困った!その原因と5つの対策」という記事にも書いたように、だいたい5~6時間だ。もちろん個人差はあるが、意外に早い。つまり、朝は白い角栓でも、夜に帰る頃には黒くなっているというわけだ。「夕方になると顔が黒ずんだりくすんだりする」というのも、その皮脂酸化の早さが関係しているはずだ。

一応取れてもすぐにまた作られてしまう

「実は洗った直後はきちんと取れている」という珍しいパターンです。珍しいと書きましたが、これが理想ですね。

でも、角栓というのは意外にすぐにできてしまうものです。特に、角栓が目立つ条件が揃っている場合に、割と早く目立ちやすくなります(後述します)。

角栓は自然なもの!?

角栓は自然

角栓は目立ちますので、とにかく敵視されることが多いです。しかし、本来は「自然に」できるもの。どんな人でも、そう、プルプルでつやつやな美しい肌を持っている人でも、角栓は必ずできるものなのです。

角栓は、毛穴を雑菌や刺激、異物の混入を防ぐものだと考えられています。先ほど、角栓は古い角質や皮脂が混ざったものだと説明しましたが、人間の体は、うまくそれらを再利用して毛穴の守備に入っているわけです。すごいですよね。

だから、無理に角栓を取ることはあってはならないことですし、そんなことをすれば毛穴が開いたり肌を傷めたりしてしまいます。必要があって作られているわけですから、洗顔で取れなくても、それは「普通」です。

ただ、角栓というのは「自然に取れていく」というのが基本。また、本来は目立たないものです。あなたの場合は、おそらく、目立っていたり黒ずんだりしているのではないでしょうか。それは、次に示す悪条件が揃っている関係だと思います。

角栓が目立つ悪条件

  • 毛穴が開きっぱなしになっている
  • ターンオーバーに乱れがある
  • 皮脂の分泌量が多い

主にこの3つを、ここでおさえておいてほしいなあと思います。

毛穴が開きっぱなしになっている

毛穴開き

これまでに、角栓を取ろうと躍起になって、洗いすぎたり、ピーリングをしすぎたり、毛穴を意識的に掃除しようとしたりしたことはないでしょうか。そういうことがあれば、毛穴は締まりが悪くなって開いてしまいます。

特にまだ10代の頃、まだスキンケアの知識が全然なかった頃に毛穴をほじった経験のある人はけっこういると思います。当方の母がそうで、つまようじで毛穴をほじるのが快感だったそうです。しかし、そのせいで一生広がった毛穴になってしまったみたいです。

また、老化によっても毛穴は開きやすくなります。老化といえば、ハリがなくなったり引き締まりが悪くなったりすることが挙げられますが、下記に示すターンオーバーの乱れも老化のひとつです。

ターンオーバーに乱れがある

ターンオーバー

老化をはじめ、生活習慣の悪化や病気などによってターンオーバーが乱れると、角栓は目立ちやすくなります。

ターンオーバーがうまくいっているときは良いのですが、早くなったりすると角質がどんどん剥がれ、毛穴につまりやすくなります。ターンオーバーが乱れている人だと毛穴が開いていたりすることも多く、必要以上につまってしまうのです。

また、本当は角栓は自然に抜け落ちていくものですが、ターンオーバーの乱れによってそれもうまくいかず、毛穴の中で固く残ってしまったりもします。そうなると、酸化も進んでどんどん目立つばかりです。

皮脂の分泌量が多い

皮脂が多い

皮脂の量が元々多い人だと、それだけ角栓が固まりやすいでしょう。ネチネチに固まって、ついに毛穴から抜け落ちにくくなってしまうというわけです。

皮脂が多い肌のことを「脂性肌」や「乾燥性脂性肌」といいますが、その原因は下記のとおり色々です。

  • 脂っこい物の食べすぎ
  • 生活習慣の乱れによる体・心の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 間違ったスキンケアによる乾燥
  • 乾燥肌、敏感肌

このように、皮脂が多く分泌されてしまうのには訳があるのです。

詳しく知りたい方は、「顔の油の原因として今すぐチェックしたい15の項目」の記事をご覧くださいね。また、「乾燥肌なのに・・・」という自覚がある方には、「乾燥肌なのに脂性でテカる!5つの対策と化粧水の選び方」の記事がオススメです。

角栓を取るのは諦めましょう!?

諦め

ここまで読んでお分かりになったと思いますが、基本的に、角栓を取るのはやめたほうが良いです。つまり「諦めましょう」ということです。

でも、諦めたら試合終了。一生ニョキニョキやポツポツに悩まされると思うだけで、ウンザリしてしまうと思います。

たしかに、外からの直接的なスキンケアの視点から言えば、取り方なんてものはありません。でも、「自然に取れるように仕向ける」ことや「悪条件を緩和する」ことは可能であるはずです。だから希望は失わないでほしいのです!

やるべきことは以下のとおりです。

  • 脂っこい食べ物を控える
  • 睡眠をきちんととって自律神経を整える
  • ストレスを溜め込まない
  • 積極的に体を動かして代謝を上げる
  • 洗顔と保湿を正しく行う

特に最後の「洗顔と保湿」に関しては注意点があります。

スキンケアは、「角栓を取るための」と考えるのではなく、「肌を整えるための」と考えるようにしましょう。洗顔で肌の汚れや雑菌などを無理なく洗い流し、保湿でうるおいを与えて肌の調子を整えていくのです。

そうすることによって、角栓が「自然と取れるように」仕向けていくことができるわけですね。繰り返しになりますが、取ろうと躍起になる必要はないのです。

なお、それでも毛穴ケアに重点を置きたいという場合は、是非「塩洗顔はニキビや毛穴トラブルに効果的な手法なのだ!?」の記事を参考にしてみてくださいね。

 いくら気をつけてケア(スキンケアと内部からのケア)をしても、「時すでに遅し」ということもありうる。ショッキングかもしれないが、現実をある程度受け入れる覚悟も必要だ。だが、常に希望を持ってケアを究めていってほしい。まだあなたにとってふさわしいケア方法が見つかっていないだけの可能性もある。人の数だけケア方法があると考えてみよう。また、エステや美容外科という究極的な手段もあるので、お金や時間に余裕があるなら、そういったものも検討してみると良いだろう。

最後に、今回お伝えした要点をまとめて終わりにしましょう。

  • 角栓は毛穴を守るためにでき、自然に取れるべきもの
  • 角栓が目立つ・取れないときには、それなりの悪条件がある
  • 悪条件を寄せ付けないためにも、以下の対策が必要
     
    • 脂っこい食べ物を控える
    • 睡眠をきちんととって自律神経を整える
    • ストレスを溜め込まない
    • 積極的に体を動かして代謝を上げる
    • 洗顔と保湿を正しく行う
  • スキンケアはいくつもあるので、めげずに色々試そう
  • 究極的には、エステや美容外科に頼ってみよう

以上です。角栓との健闘をお祈りします。


このページの先頭へ