夏の保湿の必要性は?肌は本当にうるおいを欲してる?

【この記事は 4 分 前後で読めます】

夏の保湿

夏。日本だって高温多湿になります。どんなに薄着をして涼しくなろうと頑張っても、目に見えないくらいの細かい水分が肌にはまとわりつき、肌の呼吸を遮ります。そしてありえないほどの蒸し暑さを感じます。

それに加えて、暑いために汗がダラダラと出てきますし、毛穴から皮脂がジワジワと、あたかも液状化現象のごとく湧いてきます。

女性の多くにとって、肌カオスな夏。そんな季節でも「保湿」が大事と言われますが、それは本当でしょうか。必要性はどれくらいあるのでしょうか。今回はその点に迫ってみましょう。

保湿をする目的

まずは「目的」をはっきりさせましょう。

保湿をする目的は、その字のとおり、肌にうるおいを与えて状態を整えることです。

人間の肌は元々保湿能力を持っていますが、人間は完ぺきではありません。加齢などによって、その機能も衰えていきます。そのため、化粧水などを使って外側からケアを施すことで、肌の角質層のうるおいをサポートすることができます。

うるおいの足りない肌は、乾燥して荒れたり、敏感肌になったり、また乾燥性脂性肌やニキビ肌になることだって少なくありません。保湿は、そういった乾燥・肌荒れを防いだり、皮脂量を整えたり、ニキビを予防したりする役割を担います(化粧水も、目的別に多岐にわたっていますね)。

夏はうるおっているのに・・・

ではお話を戻しましょう。

保湿に気が向かない

夏は、多くの人が「肌がうるおっている」と考えています。美容雑誌やサイトで「夏でも乾燥しているんですよ」と教えられても、心のどこかで「ウソ~」「私は大丈夫そう」と考えていたりするものです。貴方はいかがでしょうか?

それは無理もありません。冒頭に書いたように、夏には汗・皮脂が多くなり、また(特に梅雨などは)湿度も高くなります。すると肌はベタベタし、不快感にさいなまれます。「保湿なんかしたくない・・・」と思いたくなりますね。

その結果、手を抜いて保湿をしない人も増えるはずです。

怖いから保湿をする

一方で、夏でもきちんと保湿をする人がいます。美容雑誌やサイトに脅かされたかのように、「とにかくやらないといけないみたいだから」と一心不乱にやっている人もいるでしょう。

それでも、夏というのは本当に保湿が必要なのかどうか、心のどこかで疑問を感じているかもしれませんね。

ずばり、夏でも保湿は必要!

保湿ニキビケア

結論から先に言うと、高温多湿な夏であっても、保湿は欠かせません。これまで手を抜いてきた人は、今一度確認をしてみてはいかがでしょうか。

夏の肌乾燥要因

「肌がベタベタして、これでもかというほど潤っている。なのになぜ保湿をしなきゃならないの?」と思った方もいらっしゃると思うので、なぜ保湿が必要かお伝えしましょう。

夏にも、肌を乾燥させる要因が潜んでいます。それは「エアコン(冷房・除湿など)」や「強い日差し」です。エアコンによって部屋の湿度が下がれば肌は乾燥します。また、強い日差しに当たれば、体温が上昇し、肌・体の水分が減ります。

ほかにもあります。夏は肌がベタベタ・不潔になりやすい上、お色直しも必要で、必然的に洗顔やクレンジングを入念に行う機会が増えます。

 ※  「クレンジングや洗顔をしないとどうなるか、知ってますか?」の記事で述べているとおり、顔を洗わないことは肌の不調につながります。

洗顔やクレンジングは、やる頻度が高いほど顔の必要な皮脂も落ちてしまい、肌の乾燥を招いたりします。

以上の要因による肌ゆらぎが積み重なって、肌の調子が整いづらくなります。夏が終わって冬になると、酷い乾燥肌に悩まないといけなくなる可能性が高まるかもしれません。よって、保湿は必要だといえます。

保湿は、単にうるおいを与えるだけではない

「保湿」というと、肌にうるおいを与えることだと思いがちです。たしかにそうですが、最近の化粧水の多くは、もっと多機能的です。

先ほど「保湿をする目的」の項目でお伝えしましたが、保湿では、肌にうるおいを与えることを出発点として、肌荒れを防いだり、皮脂コントロールをしたり、ものによっては(特に薬用化粧水の場合)メラニン生成を抑えたりニキビを防いだりします。

化粧水による保湿ケアを「うるおいを与える」とだけ考えるから、なんだか夏には必要ない気がしてしまうのではないでしょうか。もっと幅広い意味で考えることで、夏であっても保湿が有用であると気付くことができるはずです。

それでも「保湿は必要ない」と考える方へ

保湿は有用だと述べましたが、保湿は義務でもなく、すべきものだと断言することはできません。この手の話については、「保湿しないと肌はどうなる?意外に大丈夫だったりする?」という記事が、少しだけ参考になるかもしれません。

幅広い視点によるスキンケアを心がけよう

幅広い視点

先述のとおり、夏であっても意外に肌は乾燥します。肌表面はベタベタするので「乾燥した!」と感じなくても、肌の内部は意外に乾燥していたりします。

先ほどは、「エアコン」「日差し」「洗顔・クレンジング」を乾燥要因に挙げましたが、実はそれだけではありません。そういった外的な要因とあわせて、“ 内的な要因 ” にも気を付けたほうが良いのが、夏という季節です。

冷たい物ばかり食べたり(飲んだり)、規則正しく食事をとらなかったり、水分不足に陥ったりして、体の内部からも肌の調子が悪くなりやすいものです。それでもって肌表面はベタベタするので、乾燥に気付きにくいものです。

なお、皮脂・汗や内部乾燥に関するお話は、「夏のスキンケアは、皮脂や内部乾燥に目を凝らすことが大事」という記事に詳しいので、興味がありましたらあわせてご覧ください。

「スキンケア」とはいいますが、それは、化粧水などを使った保湿だけを指すのではなく、体内からのケアという意味もあわせ持っているはずです。食生活や睡眠生活を整え、健康に気を遣って生活をすることも大切ですね(これは夏に限ったことではありませんが)。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ