ニキビは紫外線に弱く、最悪シミとなって跡に残ることも

【この記事は 9 分 前後で読めます】

ニキビと紫外線

ニキビに紫外線は大敵!ただでさえ紫外線は肌にとって非常に厄介な存在であるわけですが、ニキビというのは体・心の不調や肌の環境が悪いことなどが原因で引き起こされているため、紫外線が余計に肌を悪化させてしまいます。

ニキビができているところは、当然ダメージに弱く、ケアを間違えると跡に残ってしまうことも十分に考えられます。つまり「シミになりやすい!」ということです。一度シミができると、なかなか消えてはくれません。特にニキビ跡のシミはしつこいです。

そこで今回は、ニキビ肌の人がやってみたい紫外線対策をお伝えします。少し長くなりますが、是非参考にしてみてくださいね。

避けたいこと

ニキビがある場合の紫外線対策というのはとても大変ですよね。

  • 「日焼け止めが患部を刺激しないだろうか?」
  • 「皮脂が多い場合はどんな日焼け止めを使えばいいのかな」

と、色々考えを巡らしていることと思います。そこで、「これだけは避けておこう」という事柄だけ、先にお伝えしたいと思います。

最低限、次の3つをおさえておくことが大切です。

  • ノー日焼け止めはNO
  • 紫外線吸収剤入りの日焼け止めを避けよう
  • オイル入りの日焼け止めを控えよう

では、ひとつずつ解説していきましょう。

ノー日焼け止めはNO

ごくごく当たり前のことですが、紫外線対策のうちでかなりのウェイトを占めている日焼け止め。これを使わずして紫外線対策をすることはできません。「日焼け止めこそ、ニキビの原因になる」といった声もあるかもしれませんが、当方は「使ったほうがいい」と考えています。

たしかに、きちんと落とし切れなかったり肌に合わなかったりすれば、それだけで肌は負担になり、ニキビを誘発することもあるかもしれません。が、紫外線による影響のほうがはるかに大きいので、塗ったほうが良いと考えています。

むろん、「家の中に閉じこもって外に出ない」という方法もありますが、現実的ではありませんね。日焼け止めは自信を持って使いましょう!ただ、以下に示す条件があります。

紫外線吸収剤入りの日焼け止めを避けよう

紫外線吸収剤タイプは控えよう

「紫外線吸収剤」というのは、その字のごとく、肌上で紫外線を化学反応させて別のエネルギーに変換する成分のことをいいます。その化学反応こそ、実はあまり肌に良いとはされていません。強い肌の人はまだしも、ニキビができやすい人には危険が伴います。

ほか、敏感肌であったりアレルギー持ちの人、そしてすでに日焼けをしてしまった人にとっても、紫外線吸収剤は危ない存在です。化学反応が起きる際に肌を刺激し、荒らしてしまいます。

紫外線吸収剤使用の日焼け止めは汗に強く、白浮きもしにくいですが、少しでも肌にトラブルがある場合は避けるが無難です。「紫外線散乱剤」(肌上で紫外線を反射して除ける)タイプを使うと良いですね。

オイル入りの日焼け止めを控えよう

オイル入り日焼け止めを控えよう

ニキビができるということは、「皮脂」の多い肌ということです。というのも、ニキビは皮脂や老廃物が毛穴に詰まって固まったものだからです。さらに、そこにアクネ菌が襲来して炎症が起きると、より程度の思い “赤ニキビ” となります。

オイル入りの日焼け止めを使うことで、さらに肌の環境が悪くなることがあります。また、ニキビにオイルが覆いかぶさることで、治りにくくなったり悪化したりすることも考えられます。

できる限り、「オイルフリー」「油分0」などと明記されている日焼け止めを使うようにしましょう。

 当たり前だが、「低刺激性」のものを使うようにしたい。そのほうがニキビ肌であろうがそうでなかろうが、とにかく安心だ。効果的には強いのは望めないが、ニキビにはそのくらいがちょうど良い。ただ注意点がある。「低刺激性」や「オーガニック」であっても、植物性の油が使わていることがある。これもできるなら避けておきたいところだ。

女性のニキビにおすすめの日焼け止め例

女性の場合は、日焼け止めを探すよりも、下地やファンデーションを探したほうが、理想の日焼け止めを見つけやすいのではないかと思います。

そこで当方がおすすめするのは、「レイチェルワイン」というブランドのミネラルファンデーションです。このファンデーションの特徴は以下のとおりです。

  • SPF27.5 PA+++
  • 皮脂を吸着する発想
  • 崩れにくい
  • 汗に強いが、クレンジング不要
  • オイル・パラベンフリー
  • ミネラルタイプなので刺激が少ない

理想のアイテムに近いのではないでしょうか。SPFやPAも、夏場の日常生活・外出程度であれば申し分ないですし、脂性肌やニキビ肌の人とって、ありがたいアイテムなのではないかと思います。

あとは色などの好みの問題があると思いますので、公式サイトをご覧になって検討してみると良いでしょう。

公式サイトはこちら
>>> レイチェルワイン

色々な対策

それでは、ニキビ肌の人が日頃から尽力したい対策についてです。上に書いた「日焼け止めを塗る」という作業も、立派な対策であり、大きくウェイトを占めています。

ここでは、日焼け止め以外にやっておきたい対策をお伝えしましょう。以下のとおりです。

  • 薬用化粧品でメラニン生成をおさえる
  • サンバイザーや帽子をきちんと被る
  • 夏でも長袖を羽織る
  • ニキビに絆創膏を貼る
  • 日焼けしにくい肌を内側から作っていく

細かいことを言い出すとキリがないですが、上の4つを進んで実行してみましょう。では、ひとつずつ解説をしていきましょう。

薬用化粧品でメラニン生成をおさえる

薬用化粧品

薬用化粧品を使うことで、メラニンが生成されるのをおさえ、シミができるのを予防することができます。つまり、色素沈着のニキビ跡が残りにくくなるようにすることができます。これを俗に「美白ケア」と呼んだりします。

例えばですが、「ノブACアクティブ」という薬用化粧品があります。上記の美白ケアとニキビの予防を両立したアイテムです。そのため、ニキビと日焼けに悩んでいる人にとっては、心強い味方になるのではないかな?と思います。

その薬用化粧水には、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)が含まれ、これが肌を整えてニキビを予防しメラニン生成を抑えます。

贅沢に保湿成分も入っているため、元々脂性肌の人には自信を持っておすすめはできません。が、大人ニキビのほとんどは乾燥肌由来のものと言われていて、それには保湿が非常に有効ですね(“隠れ乾燥肌” に関しての詳細は、「乾燥肌か脂性肌かあなたはどっち?違いと見分け方のまとめ」に書いてあります)

公式サイトはこちら
>>> ノブ ACアクティブトライアルセット

 ひとつだけ勘違いしないように伝えておきたいことがある。こういう類のアイテムは、ニキビの「治療」ができるわけではない。そのため、今あるニキビを消す・治すといった効果はなく、あくまで「予防」という点にとどまる。それはあらゆる薬用化粧品で言えることだ。ノブACアクティブは今後のニキビ予防やシミ予防に適していると思うが、一刻も早く「治したい」人は皮膚科を受診しよう。

 ノブACアクティブの体験レビューあり

サンバイザーや帽子をきちんと被る

帽子

顔のニキビを紫外線から守る上で、肌への負担を全く考慮しなくても良い対策こそ、かぶり物による対策です。つばのある帽子、サンバイザー、日傘などを有効活用し、日光を遮ってしまいましょう。

とは言っても、この対策は万全ではないのが惜しいです。紫外線は道にも壁にも反射して顔にぶつかって来ますからね。

それでも、何かかぶるかかぶらないかでは、上から降り注ぐ紫外線量は変わってくると思います。特にニキビがある方は、対策をいくらやってもしすぎではないので、かぶれる物があればかぶってしまいましょう!

夏でも長袖を羽織る

これは、顔ではなく腕などのニキビ対策です。

夏場はなるべく涼しい格好でいたいものですよね。汗を大量にかきますから、風通しの悪い服では不快だし、余計にニキビができやすくなってしまいます。

そのため可能であればで良いのですが、風通しの良い、レースのような薄手の長袖を羽織ると良いでしょう。これで完ぺきに日焼けしないとは言えませんが、大幅にUVカットできます。

ニキビに絆創膏を貼る

至極単純な発想ですが、ニキビの日焼けが気になる場合は、いっそのことニキビそのものを直接覆ってやれば良いという作戦です。

絆創膏を貼ると、ニキビを紫外線から守ることができるだけではありません。誤って潰してしまう可能性もグッと下がります。ただ注意点もあるので、「私は絆創膏で対策をしたいんだ」という方は、「ニキビを潰したいときに試してみたい厳選7つの回避術」の記事をご覧ください。

日焼けしにくい肌を内側から作っていく

内側ケア

これが最も面倒ですが、非常に重要な対策です。肌を整えたり正常に保ったり美しい状態にするには、化粧品などを使ったスキンケアは欠かせません。でも、「内側から」のケアを疎かにしてしまうと、どんなに頑張っても治らないのがニキビです。

当方の妹も、長年ニキビに悩まされていて、いまだに怨念にとり憑かれています。色々な化粧水を試し、薬も使っていたこともあります。洗顔だってクレンジングだって一生懸命にやってきました。しかし、肝心の内側ケアがないがしろなのです。

「内側ケア」といっても幅が広いですが、例えば以下のものがあります。

大方、以上のようなものが「内側ケア」(体や心から肌にアプローチしていくケア)の代表的なものですね。

肌の自浄作用、活力、強度、ハリ、新陳代謝・・・。こういったものは、全てあなたの体や心そのものが働くことで得られます。いくら高額な治療費を払おうが、スキンケアを正しく続けようが、内側ケアを疎かにしたら理想の結果は得られないのです。

ニキビ跡(茶色のシミ)になる原因

さて、一通り対策をお伝えしたところで、ニキビがシミになる原因を書いておこうと思います。こんなことを知っても特に得はないかもしれませんが、きっと何かで役立つことがあると信じてお読みくだされば・・・。

紫外線から弱い部分を守るための自然な反応

当記事の最初のほうでも少し述べましたが、肌の弱っている部分は、紫外線を受けるとシミができやすい傾向にあります。ニキビ肌も例外ではありません。

肌は、弱った部分ほどメラニンを作り出しやすい傾向にあります。外からの敵を遮るかのように紫外線からの影響を最小限に食い留めようとするのです。その結果メラニンが生じます。いわば、メラニンはバリアのようなものなのです。

 メカニズムとしてはこうだ。まず、紫外線を受けることで肌に活性酸素(フリーラジカル)が発生する。これは肌の老化の大きな要因であり、負担が大きい。すると「メラノサイト刺激ホルモン」(MSH)が作られ、メラノサイト(メラニンを作る細胞)を刺激。メラノサイトはチロシナーゼという名の酵素を盛んに出し、その関係でチロシンというアミノ酸が作られる。チロシンは、活性酸素を分解すると同時にメラニンへと変化する。そしてシミの完成というわけだ。だが、通常はターンオーバーの繰り返すことで徐々にシミは薄くなる。ところが肌が弱っていると、ターンオーバーが乱れている関係でシミがうまく排出されず、沈着してしまうことがある。ニキビができるような肌では何も珍しいことではない。

ニキビではアクネ菌のせいで活性酸素が作られる

アクネ菌のせいでメラニンへ

ニキビにとっての敵は、紫外線だけでなく「アクネ菌」だってそうです。アクネ菌は、炎症を引き起こして赤ニキビを作り出す大きな要因である上、下手に見過ごしたりケアを怠ることで、化膿したりしてもっと大変なことになります。

そこで肌はすごくて、なるべくそういう事態にならないようにと、自ら活性酸素を作り出してアクネ菌を排除しようと頑張ります。しかしそれは、同時に “自滅行為” のようなものでもあります。活性酸素もまた、肌に負担となってしまうのです。

ここから先のシミ発生メカニズムは、前項と同じ要領です。

紫外線を浴びていなくても、ニキビにはシミができてしまう可能性が高いわけです。紫外線を浴びればなおさらだというのは言うまでもないでしょう。

季節問わず、きっちりとケアをしていくことが大事

季節問わずケア

紫外線対策や日焼け止めという言葉を聞くと、多くの人が「夏」をイメージするのではないかと思います。でも、紫外線は一年中降り注いでいますよね。日の低い「冬」であっても、意外にあなどれません。

特に太平洋側の冬は、空気が非常に乾燥し、その影響を受けて肌も弱りやすいことでしょう。つまり、その分刺激を受けるとシミも作られてしまうということです(もちろん個人差はあります)。

また、冬で厄介なのは積雪。雪は紫外線をバンバン反射しますので、それで日焼けをする人はけっこういます。積雪時や、雪山にウィンタースポーツに行く際などにはしっかりと紫外線対策をしたほうが良いでしょう。

このように、ニキビや日焼けとの闘いは、なにも夏だけではありません。皮脂・ニキビといえば夏、紫外線といえば夏、という感じで考えがちかもしれませんが、一年を通してケアをしていくからこそ、安定的に整った肌を持つことができるのではないでしょうか。

では最後に、今回お伝えした対策をもう一度まとめて終わりにしましょう。

  • 紫外線吸収剤入りの日焼け止めを避けよう
  • オイル入りの日焼け止めを控えよう
  • 薬用化粧品でメラニン生成をおさえよう
  • サンバイザーや帽子をきちんと被ろう
  • 夏でも長袖を羽織ろう
  • ニキビに絆創膏を貼ろう
  • 日焼けしにくい肌を内側から作っていこう

以上です。健闘をお祈りします。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ