ニキビ向け薬用洗顔石鹸ノンエーの評判と体験レビュー!

【この記事は 9 分 前後で読めます】

 

ノンエー薬用洗顔石鹸

メディアで話題のニキビ向け薬用洗顔石鹸に、「ノンエー」(Non A.)というものがあります。上の画像のように、黒いシンプルな箱が特徴的で、ニキビや皮脂で悩む男女に人気の石鹸ですね。発売元は「プライマリー」です。

「ニキビが気にならなくなった」とか「探し求めていた石鹸だ」とか、よく宣伝文句で聞くような噂があったため、当方も実際に使ってみることにしました。そこで今回は、その体験レビューです。

口コミで評判を確認

口コミ評判

まずノンエーの評判を、先に口コミで確認してみることにしましょう。ただ、あくまでも個人的な感想や意見をご紹介しているだけなので、その点はひとつ、ご了解ください。

プラスな評判

まずは喜びの声からです。

・以前はかなりニキビがありましたが、あまりできなくなりました。
ネットを使うと驚くほど泡立ちます!
だからニキビに指が触れずに洗顔できるのだと思います。

・さっぱりとした使用感ですが、つっぱった感じはありません。
ボディ用としても使っていましたが、ボディのニキビにも効果ありです。

・使い続ければ続けるほど、肌が慣れて効果が上がっていくので
これからが楽しみです~

引用元:アットコスメ

・上の娘はニキビのせいで不登校になりかけましたから、ニキビに悩むすべての皆さんにノン・エーを教えてあげたいです。

・「悩む前に使ってみて!」とたくさんの方に知らせたいです。

引用元:付属パンフレット

5つだけですが、結局、喜びの声はどれも似たり寄ったりという感じだったのでこれだけに絞りました。よくあるニキビ向け石鹸の感想と似通っているかなと思います。たしかにニキビ予防は嬉しいですが、いまいちピンと来なくないですか?そのため、後ほど体験レビューで詳しくお伝えしますね。

マイナスな評判

次に、う~んな声を見てみましょう。

・学生の私には少々手の出しづらいお値段だったので母にお願いしました…。

・お高めな割にあたしにとっては全体的に平均的ですね。

・私のような脂性肌の人にはおすすめしますが、乾燥肌の人は、この石鹸だけでは乾燥が酷くなってしまうと思うのでおすすめしません。
あとは、リピするならコスト面で失敗した時かなり負担があるので、よく考えてやりたいと思います。

引用元:アットコスメ

あまり多くマイナスな意見を載せると問題になることがあるかもしれないので、以上だけに絞りました。どうやら、「高い」といった点がネックのようですね。これについても、後ほど体験レビューしていきましょう。

評判のまとめ

評判を見てみた限り、ニキビ予防のための石鹸としての役目は、一応きちんと果たしてくれそうです。皮脂が多い脂性肌の人やニキビ肌の人にとっては、格好のアイテムとなるような気がします。

しかし、値段が少し高めに設定されています。人によっては満足感が得られても、また別の人だと「値段の割には普通だね」という感想を抱いているようですね。色々見ていたら、「敏感肌だとちょっとな…」という意見もありました。

ノンエーは、プラスとマイナスの意見の差が激しい印象でした。当たれば最高、外れればう~ん、という感じでしょうか?

公式サイトはこちら
>>> ノンエー

わが体験談

体験レビュー

それでは、当方がノンエーを購入した時点からの体験レビューを行っていきたいと思います。ただ、上の評判と同じように、あくまでも個人的な感想・意見にすぎません。そのため、参考程度にご覧ください。

 ※ なお、ここからは臨場感を出すため、口調(語調)を変えてお伝えしていきます。少々偉そうに感じるかもしれませんが、どうか目をつむっていただけたら幸いです。

【購入編】たしかに、高かったが…

ノンエーの評判は良く、ネット上のあらゆるところで「おすすめ!」と言われていたし、今もそうだ。それも宣伝行為のひとつかもしれないが、本当に悪いものであれば、お世辞でも良いとは言われない。

とにかく気になったのと、ちょうど鼻頭や鼻の脇にぷっくらと、そしておでこにポツポツとニキビができていたので、当方も買って使ってみることにした。

公式サイトを見てみると、やはり気になったのは「価格」だ。包み隠さずに書くと、2015年11月の時点で1個あたり税込2940円(2,3ヶ月分)。普通の感覚だと、洗顔アイテムにしては高い部類に入るだろう。ちなみに3個だとちょっとお得になる。

だが、色々なコスメを見てきた当方にとっては、2000円を超えるような洗顔アイテムは何も珍しくない気がした。それに、1個で数ヶ月もつなら、コストパフォーマンスは全然悪くない。

でもまあ、トライアル版が無いようなので、いきなりその価格では抵抗があるのは間違いない。だから買う際に勇気は必要だった。

【到着編】実は、おまけがいくつかあった

ノンエー

買うときは何となく購入ボタンを押したが、実際に届いたのはノンエーの薬用石鹸だけではない。ローションとジェルのトライアル版、そして小さい版の薬用石鹸や泡立てネットまで付いてきた。

価格こそ少々高めでも、これだけ付いていれば不満はない。だが、人によっては「でかいのは無しで、まずは小さい版のだけでいいのに」と思うだろう。この点は、発売元であるプライマリーの今後に期待したい。

【使用編1】泡立ちは最高で、さっぱりとした洗い上がりが特徴

ノンエー泡立ち

公式サイトによれば、ノンエーの泡は、通常の石鹸素地に比べて約4倍もの弾力があるとのこと。まあ、そんなことを言われてもピンと来ない人もいるかもしれないが、とにかく泡がすごいということだ。

実際に使ってみると、たしかに泡は素晴らしく、最高だった。少し水気を含ませた泡立てネットに石鹸を5回ほどなすりつけ、あとはシゴシゴと泡を立てただけだ。それなのに泡がモコモコ、ボリューム感も出た。まず、この時点で使う楽しさは抜群だった。

写真を撮ってくれた協力者の顔に泥…じゃなくて泡を塗ってやろうかと思ったほど、いや投げつけてやろうかと思ったほど、泡はしっかりとしていた。だが、2回目に試しに水気を多く含ませたところ、固さは落ち、キメの洗い泡となってしまった。だから、もし使う場合は注意しよう。

そして洗い上がりは、さっぱり。評判にもあった通りだった。つっぱる感じはやはりなく、サラサラとしていた。

ヒアルロン酸やリピジュアなどの保湿成分が配合されているようだが、当方にとっては、保湿感はあまり感じられなかった。時期的なものもあるかもしれない。乾燥肌の酷いエイジング世代や敏感肌の人だと、なおのこと保湿感の物足りなさを感じるかもしれない。

だが脂っぽい肌の人やニキビ肌の人には最適だろう(特に若い人)。

【使用編2】保湿アイテムがけっこう役に立つ

ノンエーローション

ローション

ノンエージェル

ジェル

いくら皮脂が多くても、またニキビができやすくても、大人になった以上保湿のスキンケアは手を抜くことができない。特に乾燥の激しい時期には、正真正銘の脂性肌の人だって肌は乾燥しやすい傾向にあると思う。

そこで役に立つのが、おまけで付いてきた、トライアル版のローションとジェル。使用感はさっぱりしていて、オイル系の保湿クリームに比べればバリア感はない。しかし、塗ったら肌がもっちりとしたし、変な刺激も全くなかった。

翌日、ためしにこれらで保湿しなかったところ、カサカサのままだった。やはり、ローションとジェルの力はあなどれない。敏感肌の人や乾燥が酷い場合には少々物足りなさもあると思うが、皮脂が多めの人や、夏場の保湿にはちょうど良い気がした。

【結果編】ニキビへの効果とは

石鹸が粒になるまで使ったわけではないので何とも言えないが、ニキビへの効果はよく分からない。当方は元々ニキビ数が多いわけではないため、実際のところニキビを100%予防できるのかどうかの断言は控えたい。

ただ、評判上では、ニキビ予防効果は普通にあるようだ。成分としても、甘草(かんぞう)からとれる「グリチルリチン酸ジカリウム」という消炎成分(ニキビ予防成分)が入っているし、ほか、皮脂(ニキビの原因のひとつ)を抑える「ダイズエキス」も配合されている。

つまり、理論上はニキビ予防効果があり、その証拠に「薬用」「医薬部外品」の洗顔石鹸とさえうたわれている。ニキビ予防には、ノンエーに含まれているような有効成分も良いが、やはり「きちんと汚れを落とすことができる」という点も考えてみたいところ。ノンエーはそこもクリアしているように思った。

公式サイトはこちら
>>> ノンエー

アドバイス、そして評価

ストップ

以上、当方の体験レビューでしたが、いかがでしたでしょうか。参考になったかどうかは分かりませんが、少しでも力になれたのでしたら嬉しいです。

よくある誤解

「ニキビを治したい!」という強い思いを抱いて、ノンエーを買おうとする人は実に多いと思います。でも、ひとつだけ断言しておかなければならないことがあります。それは、

  • ノンエーでニキビは予防できても、治すことはできない

ということです。ニキビを治す(消す)ことのできるアイテム。それは「医薬品」として、薬事法では定められています。しかしノンエーは医薬品ではなくて「医薬部外品」としての洗顔アイテム。ニキビを「予防」するのが関の山なのです。

ニキビで悩んでいる人におすすめできる洗顔石鹸ではありますが、「治す(消す)ためのものではない」という点をおさえておいていただきたいと思います。

だからといって、「使っても意味がない」ということはありません。予防を繰り返すことで、ニキビの発生頻度を減らすことができます。その結果、肌の状態が整っていくということはあるでしょう。

保管をきちんと

ノンエーはでかいです。2,3ヶ月使えるアイテムですが、きちんと管理してケチって使えば、けっこう長く持つ気がします。ただ、直射日光を避けないと、この手の固形石鹸はドロドロになって早く小さくなってしまう可能性があるので、保管には注意したほうが良いですね。

こんな人におすすめ!

ノンエーがおすすめできそうな人は、以下のとおりです。

  • ニキビができやすい人
  • 角栓(コメド)ができたり毛穴が目立ちやすい人
  • 皮脂の分泌量が多い人
  • 乾燥肌だが、皮脂が多く出てしまう人(乾燥性脂性肌
  • 乾燥肌だが、ニキビができやすい人

「これらの人しかダメ!」ということはありませんが、主に上のような人にノンエーはふさわしいような気がします。しかし、先ほども言ったように、乾燥肌の酷い人、敏感肌の人にはちょっと向かないかなと思いますね。

まずは単品でOK

まずは単品

2015年11月の時点では、単品と3個セットのどちらかを、購入時に選ぶことになっています。3個セットのほうが当然お得なわけですが、まだ使ったことのない人は、単品購入のほうが良いかと思います。

低刺激処方(着色料、香料、エタノール・鉱物油は全て無添加)にはなっていますが、肌に合うかどうかは、実際に使ってみるまでは分かりません。それに、ノンエーはトライアル版がないようなので、試してみるにあたって一番ふさわしいのは、やはり単品購入です。

1個で数ヶ月もつので、慌てて3個同時に買わなくても良いのではないでしょうか。おまけで小さいのも1個ついてくるので、初めての人はそれでも十分すぎるくらいだと思います。

総評

ノンエーはニキビ・皮脂で悩む人に優しい薬用洗顔石鹸だと分かりました。値段が少し張りますが、コストパフォーマンスは悪くないです。ちょっと勇気はいるかもしれませんが、ニキビ等で悩んでいる人は是非積極的に試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら
>>> 薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」

ニキビがあまりに酷い場合は皮膚科へ

皮膚科

ニキビができたときは、洗顔や保湿ケアはとても大切なタスクです。肌荒れを防いで整えていくことが何よりも大事で、 体内からのケア(食生活や睡眠の改善)も必要なタスクとなるでしょう。

しかし、セルフケアではどうにもならないニキビもあります。顔中に数えきれないほどのニキビができたり、たとえ一個だけでも、それが膿んで黄色ニキビになっていたり、出血までして紫ニキビになってしまっている場合などです。

そういう場合は、下手に自分で治そうとすると余計に悪化し、取り返しがつかないことになってしまうことがあります。一生もののニキビ跡やシミになる…というわけです。

気になっていつつもまだ皮膚科に通っていない場合は、是非積極的に皮膚科に出向くようにしましょう。そうすれば、必要に応じた治療(薬を使ったり外科的な手術を行ったり)を受けることができるかと思います。

そして医師と相談した上で、ノンエーなり、はたまた別の化粧品を使ってセルフスキンケアをしていけば安心ですね。

以上、長くなりましたが、健闘をお祈りします。


このページの先頭へ