塗るメンズ香水!女性OKの自然な香りで汗かきにも対応!

【この記事は 6 分 前後で読めます】

塗る香水

当方は、仕事で人と近付くことが多く、体から発せられる汗臭さが気になったりします。人からプ~ンと臭ってくると、「もしかしたら自分も同じように臭っているのではないか?」と考えたりし、デオドラントに精を入れたりします。

しかし、即席で役に立つのが香水です。特に夏場など、体臭が気になるときにパッと使えて “ ごまかし ” が利くのでとても有用です。もちろん、デオドラントのケアを怠るために使うわけではありませんけれどもね。

そこで今日は、汗っかきの人でも使える、「塗る」香水をご紹介したいと思います。

長時間続く「NULLパヒュームクリーム」

NULLパヒュームクリーム

当方がご紹介したいのは、「NULLパヒュームクリーム」というものです。塗って使うだけに「NULL(ヌル)」というわけで、とても覚えやすい名前かと思います。

当記事のタイトルには「香水」と書きましたが、クリーム状なので、香 “ 水 ” ではありませんね。言うなれば「香クリーム」となるのでしょうが、大変語呂が悪いです。

それはともかく、特徴やメリットは以下のとおりです。

  • 長時間続き、汗にも強い
  • 自然なソープのような香りが魅力的
  • 保湿機能も兼ね備えている
  • 女性にもウける!?

では、ひとつずつ解説していきましょう。

長時間続き、汗にも強い

長時間

普通の液体香水だと、塗ってすぐのときはよく香ります。しかし、数時間もすれば香りは薄まり、帰り際にはほとんど香らなくなってしまいます。

それは、体から自然に出てくる汗や皮脂が関係しているためでしょう。香水は汗に弱く、流れていってしまいます。そのため、夏場には、香水を付けて家を出ても、目的地に着いた頃にはかなり香りが薄まっている可能性があり、つけ直しする必要性が生まれます。

それに対して、NULLパヒュームクリームのような塗って使うクリーム状のものだと、滝汗にも100%耐え忍ぶとまではいきませんが、汗に強い傾向にあります。実際に使ってみたところ、帰り際でも普通に香っていました。

公式サイトによれば、どうやら10時間ほど香りが持続するとのことです。数字は例にすぎませんが、それだけ長く続くということですね。

ソープのような自然な香りが魅力的

ソープのような香り

香水香水した香りではない点も特徴的であり、かつ魅力的です。

当方は今までいくつかの香水を試してきましたが、たいていの香水は、やはり揮発性があって香りも独特です。自分がつけているぶんには良いのですが、まわりの人のことを考えたら、たぶん好き嫌いが大きく分かれるでしょう。

NULLパヒュームクリームの場合は、よくあるような独特の香りではなく、自然なソープ(石鹸)のような香りがします。具体的にどうたとえたら良いか分かりませんが、言うなれば、爽やかでありつつもやわらかな香りですね。

色で言えば、「白色」ないし「水色」を思わせるような香りかと思います。

保湿機能も兼ね備えている

保湿ニキビケア

クリームタイプならではの特徴ともいえるのが、保湿機能です。

さすがに顔に塗ると香りがキツくなってしまうので、保湿クリームのように使うことはできません。胸や手首、肘(ひじ)、腰回りなど、冬場にカサカサになりやすいところに塗ると良いと思います。

夏場だと保湿機能が多少うっとうしく感じられることもあるかもしれませんが、そうベタベタ塗るものでもないし、なにしろ香り付けのことを考えたら我慢できる範疇かと思いました。言うまでもなく、この点、冬は重宝できるでしょう。

女性にもウける!?

女性ウケ

これには2つの意味があります。それは次のとおりです。

  • 男性が塗ったときに、女性からの評判が良いかも!?
  • 女性が塗っても、気に入ってしまう可能性が大きいかも!?

香りのことだけにフォーカスすれば、特に「香水をつける男なんてね…」と考えていた女性にとっても「清潔感のある香りだね」と思ってもらえそうです。といいますか、塗っていることさえ知られず「どんな柔軟剤使ってるんだろう」と思われるかもしれません(笑)

しかし、メンズ香水なのであくまで「男性用」ではありますし、「男性好みの使用感」かもしれません。

とは言っても、自分の汗や皮脂が気になるのは女性だって同じです。それに「香りが男性向け?」とも一瞬考えましたが、嗅ぐのは老若男女さまざまですし、第一石鹸のような自然な香りゆえに「女性が使っても不自然な感じはしないな」と思いました。

むしろ保湿機能を備えているという点を考慮すると、使用感と香りが気に入れば、おそらく男性が使う以上に価値あるものとなりそうな予感さえしましたね。

詳細は公式サイトで
NULL香水クリーム

NULLパヒュームクリームの気になる点や注意点

上記にて特徴やメリットをお伝えしましたが、ここでは気になる点をお伝えしたいと思います。

たしかに、汗かきでも比較的長時間使えて、ウケの良さそうな自然な香りがして、さらに保湿機能まで備えているのは、香水史上なかなか類を見ないものであると思います。

しかし、以下のデメリットが挙げられます。

  • 手のひらにまで香りがつく
  • しっかり洗い流さないと肌に残ってしまう
  • 予想以上に香りが強い

では、ひとつずつ解説していきましょう。

手のひらにまで香りがつく

塗るわけですから、当然手を使って塗ることになります。すると、手のひらにまで香りがついてしまいます。

「別にそれでもいい」という人にとっては良いのですが、料理をする人や、あまり香りを漂わせてはならない職場で働いているような人だと、手のひらについた香りが仇となってしまいかねませんね。

また、塗った後は当然手がヌルっとします(NULLだけに)。

そのため、以上の点が気になる人は、塗った後にしっかりと手を洗うのが良いと思いますね。そうすればほとんど残りません。

しっかり洗い流さないと肌に残ってしまう

しっかり洗い流す

NULLを初めて使った日の夜、ベッドに入って気付きました。「あれ、完全に落とし切れていないぞ」と。実際に塗った部位を触ってみたら、少しヌメリがありました。

その日、偶然にも風呂に入るのが面倒で、簡単に洗っただけで済ませてしまっていました。そのせいもあって、肌についたクリームを落とし切れていなかったのです。

NULLを塗った日の入浴時には、ボディソープとお湯を使って、丁寧に落とすようにしたほうが良いかもしれません。もっとも「香りが残っても良い」という場合は雑でも良いと思いますが。

でもこれは、それだけ持続するということの証拠でもありますね。

予想以上に香りが強い

NULLがわが家に届いたときの第一印象は、「予想よりちょっと少ないなあ」でした。内容量が、イメージしていたのよりも少なく感じたのです。そのため「すぐなくなっちゃうかな」とも思いました。

思ったより小さい500mlペットボトルと比較!

しかし、試しに使っていると、予想以上に香りが強かったのです。「これくらいは必要だろう」と思ってあちらこちらに塗ると、おそらく塗りすぎ感を感じてしまうと思います。それでは本末転倒。まわりの人にもちょっと迷惑かもしれません。

そのため、気持ち少なめで使うのが良いと思います。クリームをちょっとだけ取ったら、それを広く伸ばす感じにして塗っていくと、ちょうど良い香りになるでしょう。そうすれば長持ちもします。

このくらいの量で十分このくらいの量で十分!

通りすがりにフワッと香る程度がベストです

NULLパヒュームクリームに限らず、香水というものはつけすぎないことが肝心だと思います。

体臭が嫌だからつけたり、オシャレや自己満足のためにつける。その気持ちは当方にもありますし、きっと多くの人も同じだと思います。

しかし、あまりに香りすぎると、たとえそれが世界一の素晴らしい香りであっても「ウッ」となってしまうでしょうし、自己顕示が過ぎるような気がします。相手のパーソナルスペースに土足で踏み込んでいくようなものですね。

ベストは、通りすがりにフワッと香る程度だと言われています。また、自分にとっては「嗅ごうとしないと分からない」程度がちょうど良いんだそうです。自分の鼻まで香りがしっかり到達している場合は、つけすぎている可能性があるかもしれません。

では最後に、今回ご紹介したNULLパヒュームクリームについてまとめ、終わりにしたいと思います。

  • 長時間続き、汗にも強い!
  • しかし、しっかり洗い流さないと肌に残ってしまう
  • 自然なソープのような香りが魅力的!
  • 予想以上に香りが強いので塗りすぎないように
  • 手のひらにまで香りがつくことを忘れずに
  • 保湿機能も兼ね備えている!
  • 女性にもオススメできる!

以上です。気を付けるべき点を気にして使うことで、長時間、自然な石鹸ような香りが持続します。香りアイテムは、うまく利用することで自分の個性をより輝かせることもできます。香りのオシャレって、楽しいですね。

NULLパヒュームクリームの公式サイトはこちら
NULL香水クリーム

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ