妊娠中・産後のお腹の縦線「正中線」対策!消える??

【この記事は 6 分 前後で読めます】

妊娠中・産後の正中線

妊娠中に現れる、お腹の縦線。上の画像のようなものです。これを「正中線(せいちゅうせん)」といいますが、産後もきちんと消えてくれるかどうか、不安ですよね。

あまり目立たない人もいれば、ひどく黒ずんでしまっている人もいるでしょう。いずれにしても、「気になる」と感じている人は多いものです。

そこでこの記事では、正中線ができる原因や消えるかどうかについての説明、そして今からやっておきたい対策についてをお伝えしたいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

正中線ができる原因

わざわざできなくても良い縦線。なぜできてしまうのでしょうか?

直接的原因:「メラニン」の生成

嫉妬心が強い

単刀直入に答えると、正中線は「メラニン」が生成されていることが大きな原因です。

メラニンは日焼けの話でよく聞きますが、シミをもたらす色素です。皮膚にあるメラノサイト(メラニンをつくり出す細胞)は、肌の弱った部分を守ろうとして皮膚に傘をつくり出しますが、これこそメラニンなのです。

でも、妊娠中は、たとえ日焼けしなくてもメラニンが多く作られてしまいます。では、それはなぜでしょうか。

間接的原因A:ホルモンバランスの乱れ!

人間(女性)は、妊娠することでホルモンのバランスが乱れます。

そのとき、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)がメラノサイトを刺激し、メラニンが多くつくられてしまうのです。その結果、縦の線となって腹部に現れます。

でも新たな疑問がわきませんか。「なぜ縦の線になってしまうのか?」と。

それにも実は理由らしきものがあります。

間接的原因B:人間は左と右がくっついてできている!?

人間のからだは左右くっついてる!?

「正中線」という名前からも分かるとおり、この線は、お腹の真ん中を分断するように走っています。

今 “ 分断 ” という書き方をしましたが、実は、人間は左の身体と右の身体がくっついた形になっているといった説があります。上あごにある溝(「人中」という)も、嗅覚サポート機能の名残といわれる一方で、左右合体の名残ではないかという説があります。

当方は生物学の専門ではないので確かなことは言えませんが、左右くっついて身体が完成しているとすれば、正中線が縦に入るのは、なんとなく合点がいきますよね。

間接的原因C:腹は服でこすれやすい!

妊娠すると腹が膨らみ、服もその部分にこすれやすくなります。こすれれば少なからず刺激を受け、バリア機能が剥がれて乾燥し、その部分だけ肌が弱った状態になります。

弱った部分にはメラニン色素もできやすいと言われており、これが正中線の遠因となっている可能性もありますね。

間接的原因D:肌質変化!

子供を身ごもり産むというのは、非常に体力を要することであり、また尊く、一大事です。上にも書いたようにホルモンバランスは乱れ、産後に肌質が変わってしまったと嘆く人も少なくありません。

その肌質の変化のひとつに、ひどく乾燥肌になってしまうというものがあります。乾燥肌になるということはバリア機能の低下を意味するので、肌も大変弱りやすい状態といえます。

弱った肌ではメラニンも生成されやすいので、シミや黒ずみが増えやすくなります。正中線も、少なからずその要因を受けて発生しているのかもしれません。

正中線は消えるの?

正中線は消える?

正中線は消えるのかどうかという疑問が浮かびますよね。こんな線があったら、いつか水着を着るときに目立ってしまうし、着替えるときも友達に見られてしまいます。そして何より気苦労が絶えません。

でも、まずは安心して良いでしょう。

正中線は、産後、徐々に消えていくものです。半年~1年くらいかかるかもしれませんが、だんだん薄くなって、やがてはほとんど消えるとされています。

でも、中には肌の調子が改善せず、うっすらと残ってしまうケースもあるようです。そうなるとなかなか消去が難しいかと思いますので、気付いたら早め早めに肌の調子を整えておくことが重要です。

 正中線と一緒に語られる線に「妊娠線」というものがある。ヒビのような形の線だ。これは、妊娠による膨らみが原因となり、肌が断裂してしまったときに生じる。この線は、目立たなくなることはあるが残ってしまうことが多い。というのも、肌自体が損傷してしまって修復が困難だからだ。しかしこれは、妊娠~出産の、女性の勲章でもある。たしかに線が残るのは受け入れにくい実情だが、嘆いてばかりいても仕方がないと思うのだ。ただ、決してスキンケアの努力を怠って良いとは思わない。やれるだけのことをやって、少しでも悩みは軽くしよう。正中線は消える可能性が高い線なので、少なくともこれはどうにかしたいものだ。

ケア・対策で悩みを軽減していこう

さてここから、正中線のケアと対策についてです。

主な対策は以下のとおりです。

  • メラニンの生成を防ぐ
  • 肌荒れを防ぎ、整える
  • 十分に保湿する
  • なるべくストレスを溜めないようにする

では、ひとつずつ説明していきましょう。

メラニンの生成を防ぐ

メラニンこそが黒ずみとなる要因なので、生成を防ぐことで正中線が濃くなるのを防ぐことができます。

メラニンの生成を防ぐには、肌荒れを整えること、そして十分に保湿をすることが大切で、加えて、有効成分による美白ケアも効果的です。そのためのケア用品もあるので、後述します。

この美白ケアは、日焼け対策とほとんど変わりません。でも、紫外線カットの必要はないので、日焼け対策アイテムを使うことは、肌への負担も考慮したら避けたほうが良いでしょう。

肌荒れを防ぎ、整える

ホルモンバランスの乱れやマタニティーストレスに加え、服でこすれやすい腹部は肌も荒れやすくなっています。

肌は、荒れることでバリア機能を失って乾燥肌や敏感肌になってしまうので、肌荒れを防ぎ、肌の状態を整えていくケアも必要です。

そのためには、炎症して荒れた肌にアプローチしたり十分にうるおいを与えたりするスキンケアが重要になってきます。うるおいケアに関してはすぐ次に説明します。

十分に保湿する

スキンケアの基本は洗顔と保湿ですが、正中線にも保湿が必要です。とにかくうるおい。そしてうるおいにうるおいです。

十分にうるおいを与えることで、まずバリア機能がきちんと整い、また肌もしなやかになって、外的な刺激を受けても、乾燥肌のときと比べればダメージを軽減することができます。

ここで、以上でお伝えした「メラニン生成抑制」「肌荒れ予防・整肌」「保湿」の機能を兼ね備えている、正中線対策用のケア用品をご紹介します。

そのアイテム名は「メイド・バイ・マム」です。朝晩に1回ずつ使ってみると良いでしょう。季節は問わず、いつでも使えます。正中線向けですが、ほかに黒ずみが気になる部分があったら、是非塗ってみてはいかがでしょうか。

「メイド・バイ・マム」の公式サイトはこちら
メイドバイマムクリーム

 「メイド・バイ・マム」は保湿や肌荒れ予防の機能を持っているため、妊娠線の跡にも堂々と使える。先述したように妊娠線は消えることがないが、ケアを何もしないのは美意識が低い。跡が気にならないなら良いが、少しでも気になるならきちんとケアをしていこう。

なるべくストレスを溜めないようにする

妊娠中や産後は、ホルモンバランスの乱れや育児・家事などによる過大なストレスが溜まりやすいものです。しかし、これは母親なら誰もが経験することで、ある意味仕方がないことかもしれません。

でも、ストレスもまたホルモンバランスを乱し、肌の調子を悪くしてしまいます。睡眠不足にも陥るので、その影響も大きいでしょう。

そのため、なるべく両親やパートナーの支援を受け、ストレスを少しでも多く減らすようにしたいものですね。

身体が資本です。母親には子供を育てる使命があります。それを鑑みれば、母親はなるべく健康でありたいものですね。食事の栄養バランスも考え、甘えるときは甘え、ストレスを軽減していきましょう。

健康的な母親

以上、妊娠中から産後にかけて現れる正中線にまつわるお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

最後に、今回お伝えしたことをまとめて終わりにしたいと思います。

  • メラニン生成を抑制し、黒ずみを予防しよう
  • 肌荒れを防いで整え、すこやかな肌にしていこう
  • 十分な保湿をし、うるおいに満ちた肌にしよう
  • ストレスをなるべく溜めないようにしよう

もし仮に今、正中線がまだ現れていなくても、以上にてお伝えした内容はきっと役に立てていただけることと思います。まだ妊娠さえしていない!という人でも、今回の内容をおさえて、是非いつか活かしていってくだされば…と思います。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ