生理前~生理後のニキビ・肌荒れの対策、自信持ってる?

【この記事は 7 分 前後で読めます】

生理前~生理後のニキビ

ニキビは、肌の乾燥や免疫力の低下、そして毛穴の詰まりなどが原因で引き起こされるといったイメージがありますよね。

たしかにそうです。そうなんですけれども、実は多くの女性は、生理中にもニキビに悩まされているのが現状です。

では、いったいどのような対策をしていけば、そういったニキビを気にしづらくなるのでしょうか。今回は、原因をお伝えしたのち、スキンケアや日頃の生活などの方面からクローズアップしていきたいと思います。

原因キーは女性ホルモン「プロゲステロン」

すでに知っている方も多いかもしれませんが、念のため、生理周期(28日間)の女性ホルモン事情について見ていきます。これぞ、ニキビや肌荒れの原因のキーなのです。

女性ホルモンには、以下の2種類がありますね。

  • プロゲステロン(黄体ホルモン)
  • エストロゲン(卵胞ホルモン)

プロゲステロンは、卵子が着床しやすくなるように子宮内膜を柔軟にしたり体温を上げたりします。よって妊娠の準備が整います。一方エストロゲンは、皮下脂肪や肌の水分量を増やしたり子宮内膜を厚くしたりと、体を女性たらしめます。

では、期ごとに説明していきましょう。

月経期(1~5日)

生理周期28日のうちの1~5日は月経期。俗に「生理」とか「女の子の日」と呼ばれる時期です。

この時期は、プロゲステロンエストロゲンの分泌量が減ることで、体温が下がり、血行が悪くなる傾向にあります。血行不良により、肌がハリをなくしたり、免疫が低下することで外的刺激にも弱くなります。よって肌荒れも起こりやすくなります。

この時期は、とにかく「守り」のスキンケアが大切になってきます。

卵胞期(6~12日)

卵胞期(増殖期)には、肌の調子が最も良くなる傾向にあります。もっとも、不規則な生活をしていないことが前提条件ではありますが。

なぜかというと、この時期は、体を女性たらしめるためのエストロゲンが多く分泌されるからです。肌の水分量を増え、ハリやツヤが増し、最も理想的な肌になりやすい時期ですね。

この時期は、新たな挑戦や実験を行うような「攻め」のスキンケアがおすすめです。

排卵期(13~17日)~ 黄体期(18~28日)

排卵期にはエストロゲンがピークに達しますが、排卵直後から肌の雲行きは怪しくなり、黄体期(分泌期)に肌はカオス状態に。そう、今度は、皮脂の分泌量を増やすプロゲステロンがどんどん増えるのです。

皮脂の分泌量が増えると、結果的に肌の環境を悪くなる確率も上がります。毛穴が詰まってコメド(皮脂のかたまり)ができたり、ニキビができやすくなったりするのです。

そのため、この時期には皮脂をしっかり洗い落としてニキビを予防するスキンケアが必要です。当然、守りの保湿も大切です。

そして、先述の「月経期」(1~5日)の時期になるにつれ、今度はプロゲステロンが減少し、肌は著しく乾燥しやすくなります。そのため、黄体期(生理前)からきちんと保湿ケアを入念にやっておくことも大切ですね。

生理周期を知った上でのスキンケアを

以上を踏まえて、スキンケアのちょっとしたアドバイスをしましょう。

生理前が勝負!清潔、そして保湿で守って守って

清潔と保湿

保湿などのスキンケアを行うには、ずばり生理前が勝負と言っても良いでしょう。つまり、黄体期(生理前)から月経期(生理)にかけてです。

先述したとおり、この時期こそ皮脂が多くなり、ニキビができやすくなったり、また急激に肌荒れが進行しやすくなるためです。特に黄体期にはカオス状態になるので、ここはしっかり肌を綺麗にし、またいたわりつくしていきましょう。

「どんな化粧品を使えば良いのか?」といった点も気になります。その答えはごく簡単で、これまで使っていたものが肌に合うのであれば、とりあえずそれをしっかり使うことです。洗顔で皮脂をしっかり落とし、保湿・保護まで入念に行います。

また、うっかりしているとシミやくすみも目立ちやすくなるので、紫外線対策も欠かせませんね。

化粧品の新調やお試しは卵胞期に!

卵胞期に化粧品の新調

もし「化粧品を新調したい!」というようなことがあれば、月経期後の卵胞期が良いでしょう。ここは肌の調子が良くなる時期なので、「攻め」のスキンケア期間です。

ここで使ってみると良い化粧品例として “ ラ・ミューテ ” というものがありますが、もし使うなら、卵胞期に肌との相性を確かめてから、使用継続を検討すると良いと思います。なお、これは女性ホルモンに着目したニキビ・肌荒れ対策化粧品です。

 ここで、“ ラ・ミューテ ” が一体どんなものか、画像でご紹介しておこう。

ラ・ミューテ開封時

商品 中身
上の画像は、左から順に、化粧水(箱・中身)、美容液(箱・中身)、そして洗顔フォームだ。この3点を用いて、肌を優しくケアし、いたわっていける。

化粧水は、以下のようにサラッとしたテクスチャーとなっている。

化粧水 使用感
ネット上の口コミでも、サラサラしているのに潤いが浸透する感じがする、といった類の声が見られる。
それに対し美容液は、以下のように粘性がある。ノビが良い。

美容液使用感 伸び
なお、美容液は下の画像のように中身を扱うため、使いやすいと個人的には思う。

美容液 中身
以上、簡単ではあるが、ラ・ミューテのご紹介とする。

詳細は公式サイトにて
>>> ラ・ミューテ

スキンケアだけではニキビ対策は不完全

スキンケアはとても大切な対策のひとつですが、それだけではニキビの呪縛から完全に解き放たれることはありません。やはり、日頃の行いというものが大きな意味を成してくるのではないでしょうか。

その日頃の行いとは、以下のとおりです。

  • 栄養バランスのとれた食事をする
  • 適度に体を動かす
  • 質の高い睡眠をとる
  • 女性ホルモンに合わせた生活を研究する
  • ストレスを溜め込まない

では、ひとつずつ解説していきましょう。

栄養バランスのとれた食事をする

バランス食事

美容と健康の基本中の基本は、やはり体を構成している栄養をバランス良くきちんと摂ることですね。好き嫌いをせず、なるべく健康志向の食事を心がけ、内側から “ 美 ” を作っていきたいものです。

これは、生理周期の何期か?などはほとんど関係ないと言っても良いでしょう。常日頃から、絶え間ない健康食こそ意味があるのだと思います。

 なお、脂質や糖質の多い食事をしていると、当然ながら皮脂量は増え、ニキビができやすくなる。特に黄体期にそういった食事をしていると、なおのこと好ましくないだろう。食べる頻度を控えておきたい食べ物については記事「脂性肌なら食べるのを控えておきたい食べ物 厳選の10種」を、糖質とニキビの関係については記事「炭水化物(糖分)の摂りすぎはニキビを誘発してしまうの!」を参照されたい。

適度に体を動かす

体のめぐりが悪いと、それだけで血行や代謝が悪くなってしまい、ニキビや肌荒れは発生しやすくなってしまいます。適度に体を動かす習慣をつくりましょう。

手身近なところでいえば、ストレッチや体操、ウォーキングといったところがおすすめでしょうか。継続することができないような、面倒な運動は避けたほうが無難かと思います。

ただ、肌荒れのしやすい月経期や黄体期などには特に、紫外線の影響にも用心しましょう。

質の高い睡眠をとる

睡眠

ニキビや肌荒れを防ぐには、質の高い睡眠をとることも欠かせません。昨今の日本人は頑張りすぎです。社会環境が改善されなければなかなか難しいかもしれませんが、できる範囲で、睡眠の質の向上を図ってみましょう。

睡眠とニキビの関係については、他の記事「寝不足はダメ!ニキビは睡眠と深くかかわっているんだよ!」にて説明しております。少し細かいですが、もし興味がありましたらご覧くださいね。

女性ホルモンに合わせた生活を研究する

生理周期による女性ホルモンのバランスに着目し、うまく生活を調整することも有用です。

例えば、プロゲステロンの分泌量が減る月経期には、血行が悪くなって体が冷えてしまうおそれがありますが、このときには、なるべく服を厚めにして保温に心がけることが大切です。スキンケアに関しても、先ほど述べたように「守り」と「攻め」がありますね。

是非、女性ホルモンとの付き合い方を研究し、精力的かつ健康的な生活を営めるように努めていきましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレス発散

何はともあれ、ストレスは大敵。一日に一回、もし無理なら一週間に一回でも、しっかりと心を休める時間を設けるようにしてみましょう。

ストレスの解消のことをコーピングといいますが、コーピングは、ストレス要因を取り除く問題焦点型と、ストレスにさいなまれた心を和らげる情動焦点型に分けられます。問題焦点型コーピングはなかなか難しいので、まずは後者の情動焦点型コーピングに努めましょう。

リラックスタイムを設けるほか、上でも説明した適度な運動、質の高い睡眠、そして他の記事「ストレスによるニキビの対策!少しでも楽に効果を出そう」でご紹介している方法などを実行すると良いでしょう。

 特に女性は、女性ホルモンの影響で感情の起伏にムラが出がちだ。月経期すなわち生理中はドンヨリとした憂鬱な気分に、卵胞期から排卵期にかけて気分はUPし、黄体期(生理前)になると気分は下降してイライラ度が増す。むろん個人差もあるし、ある程度のコントロールも可能だが、そういった感情の起伏の特徴をあらかじめ抑えておくことで、ストレス対策を講じやすくなるだろう。

以上、生理前~生理後のニキビや肌荒れの原因や対策についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。最後に、今回のポイントをまとめて終わりにしたいと思います。

  • 月経期には肌荒れしやすいので、抜かりなく肌をいたわろう。
  • 卵胞期には肌の調子が良くなりやすいので、攻めのスキンケアをするにふさわしい。
  • 排卵期~黄体期には皮脂が増えニキビができやすいので、清潔&保湿を入念に。
  • 生理に関係なく、生活を改善しよう。
  • 女性ホルモンに合わせた対策を研究しよう。
  • ストレスを解消したり、リラックスタイムを設けよう。

これで終わりにします。とにかく女性の肌は敏感です。その波は女性ホルモンが分泌される限り無くならないので、うまく付き合っていくことが大切ですね。健闘をお祈りします。

女性ホルモンに着目した化粧品「ラ・ミューテ」
ラ・ミューテ(lamutee)

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ