冬の脇汗 & 夏の脇汗 これらの原因と対策について!

【この記事は 9 分 前後で読めます】

脇汗

脇汗は地味にうっとうしい存在ですよね。汗が服に染み込んだり、臭いを発したりしますし、大量にかいたときはそのまま下へとしたたっていきます。

でも、脇汗がなぜ出るのか、その原因をご存知ですか?脇汗というと夏のイメージがあると思いますが、人によっては冬にも悩まされていたりします。それはなぜでしょう?

今回は、冬と夏の脇汗の違いや原因、そして対策についてお伝えしていきます。少し長くなりますが、是非参考にしてみてくださいね。

冬の脇汗・臭いの原因

まずは冬からです(夏の脇汗・臭いの原因をご覧になる場合は飛ばしてくださいね)。

寒いのにもかかわらず、脇汗に悩まされる人は多いものです。当方も、冬に限って脇汗がタラタラと流れてきてヒヤッとした思いをしますね。それに、なぜかその汗の臭いはきつかったりします。不思議ですが、やはり原因があります。

冬の脇汗とその臭いの原因は、主に以下のとおりです。

  • 暖房と厚着
  • 基礎代謝の上昇
  • 水分不足

いかがでしょうか。では、順番に見ていきましょう。

暖房と厚着

暖房と厚着

いくら寒いといっても、人間は必ず汗をかいています。そこで、運動をしたり、暖房の効いた部屋に入ったりすれば、おのずと汗の量も増えます。

特に冬は厚着をしたまま暖かい場所に入ることが多いと思います。駅のホームで凍えながら電車を待ち、いざ乗車してみるとボカボカして暖かいときがありますね。特に朝のラッシュでは暑いこともあります。

人間の体というのは不思議で、寒いところから暖かいところに入ると、急に脇汗が増えます。そして厚着をしているので体温もこもってきて、汗がなかなか蒸発せず、蒸した状態になります。

その結果雑菌が繁殖したりして、臭いを発することがあるのです。その臭いもあまり外には逃げずに溜まりますので、衣類の隙間から漏れてくる臭いが濃くなり、鼻につきやすくなります。夏よりも冬のほうが臭いで悩む人は多いようですが、このせいかもしれませんね。

基礎代謝の上昇

基礎代謝

基礎代謝(細胞維持のためだけの代謝のこと)は、夏よりも冬のほうが高いです。それすなわち、体温を一定に保つためです。なんだか嬉しいですね。基礎代謝が高いということは「痩せやすい」ということですからね。

でも、基礎代謝が上がると汗もかきやすくなります。もちろん、外の冷え切った場所ではそんなことはありませんが、やはり暖房の効いた部屋などにいたり厚着をしていたりすると、それだけで汗をかきやすいものです。

こればかりは人間の生体の営みなので、仕方がありませんね。

◆ 補足だが、冬に陥りやすいのが運動不足だ。つまりこれは、血行不良や代謝の低下を表す(「基礎代謝の上昇」とは別で考えてほしい)。 冬は体が冷えた状態にもなりやすく、その上運動不足によって体のめぐりが悪くなる。すると、体内に老廃物が溜まりやすくなり、それが臭いをもたらす遠因になることがある。 もちろん、体が冷えたりすれば汗は出にくくなるが、日頃運動不足の人だと、暖房の効いた場所や厚着などをして途端に汗が出た場合に、運動をしている人よりも汗は臭いやすいだろう。

水分不足

冬に意外に陥りやすいのが、水分不足です。

「え?水分が不足するなら汗の量は減るんじゃない?」と思った方、少し惜しいですね。たしかに、体内の水分が減れば汗の水分量も減る傾向にあります(でもそれは好ましくない状況です)。

つまりどういうことかというと、それだけ汗がべたつきやすくなって肌に残りやすくなってしまうということです。水分量が多ければうまいこと流れて蒸発しやすくなりますが、濃厚な汗が狭いところでネチネチとしていたら、水分不足が原因かもしれませんね。

その他

もちろん、以上のことだけが原因とは限らないですし、実際はもっと複合的に起きています。ストレス、緊張や不安、生活習慣の乱れなども関係していることでしょう。特に冬は、日照時間が短いことから、幸せホルモンであるセロトニンの生成が減り、ストレスも溜まりやすいものです。

夏の脇汗・臭いの原因

夏の脇汗・臭いは、冬よりも単純です。主な原因は以下のとおりです。

  • 高気温
  • 高湿度

これが原因の大部分を占めるといっても過言ではないでしょう。では、ひとつずつ見ていきます。

高気温

高気温

夏は当然気温が高いです。それにつられて、体温も上昇していくはずです。でも実際は体温は一定に保たれています。なぜかというと、それは汗が体を冷やしてくれているからです(もちろん、体内でも水分による冷却が起こっています)。

体全体の汗の量が増えると、つられて脇汗の量も増えます。

でも、水分量が多い。そして薄着ゆえに拭き取りやすいので、ケアさえ怠らなければ臭いが残りにくい傾向にあるでしょう。もちろんワキガだと臭いは強いですが、基本的には、冬の脇汗よりも臭いを感じにくいような気がします。

高湿度

高湿度

夏に最も困るのは高湿度です。湿度が高くなると蒸し暑い思いをしますよね。あれは、空気中の水分が肌にまとわりつくことで体から熱を逃がしにくくなっているためなのです。すると、体温上昇を防ぐために余計に汗がにじみ出るのです。

スカッとした日なら良いのですが、特に梅雨の時期は最悪ですね。いくら薄着をしていても、汗は蒸発できずにずっとまとわりついてしまいます。拭き取れば良いのですが、当方の場合はそのまま放置することも多く、雑菌が繁殖して臭いを発してしまったりします。

何より気になるのは、自分自身の臭いよりも、洗濯物の臭いです。汗・皮脂などが染み込んだ服は、雑菌の格好のえじきです。湿気が高いと雑菌は繁殖します。梅雨は日照時間も少ないので、なおのこと厄介ですね。

その他

冬同様に、ストレスや運動不足、緊張、不安なども、脇汗が出る原因や臭いやすくなる原因にあるでしょう。あと、熱中症も臭いが強くなる原因ですね。ただ、夏は水分補給について考えている人も多いと思い、上では特に取り上げませんでした。

◆ 夏はそこらじゅうが汗臭く、鼻が慣れてしまう傾向にあるだろう。だから、冬の脇汗の臭いは気になっても、夏はあまり気にならないという人はけっこういると思う。中には「みんな臭いから、私も臭くていいや~」という人もいるだろう。だが、それでは美意識が高いとは言えない。是非気にして、対策・ケアを怠らないようにしよう。

制汗を徹底することこそ、一番効果的

制汗

では、ここから脇汗の対策についてです。

脇汗を抑えたり臭いをシャットアウトするには、やはり「制汗」こそが一番です。上でご紹介した原因一つひとつに訴えかける対策も大切ですが、「なるべく早く効果を見る」場合においては、制汗の右に出るものはないでしょう。

そこで使ってみたいのは、デオドラントアイテムです。

その例として、別記事「緊張すると出る変な臭いは、皮脂や悪い汗のせいである!」の中でもご紹介している “クリアネオ” というのものがありますが、制汗成分と殺菌成分が、ニオイや蒸れの気になるところにアプローチしてくれるでしょう。是非携帯してみてはいかが…。

公式サイトはこちら
>>> クリアネオ

男性の方はこちら
>>> クリアネオメンズ

ただ当方が思うに、デオドラントアイテムを使うのは効果的といいつつも、やはり人によってはそれでは満足し切れないと思います。余計な脇汗や臭いを根本的に解決をするには、先に述べた原因に向けての対策を講じる必要があるでしょう。

色々な対策

さて、やっとのことで対策の項です。少し面倒なものもありますが、余計な脇汗・臭いを抑えるためにも、是非実行してみてくださいね。

けれども「余計な」と書いた通り、やっぱり必要分の脇汗は出てしまうものです。人間は皆、脇汗が出て当たり前な生き物ですから、完全には抑えられません。その点だけおさえていただき、対策を講じてみてください。

主な対策は以下のとおりです。

  • 水分をこまめに摂取する
  • エアコンを適切な温度で使う
  • 適度に運動をする
  • 通気性の良い服を着るようにする
  • 汗をかいたらこまめに拭き取る
  • 発汗をうながす食べ物を少し控えてみる
  • ストレスを定期的に発散する
  • 睡眠の質を高める

細かいことを言うとおそらくキリがないので、以上に絞っておこうと思います。では、ひとつずつ解説していきましょう。

水分をこまめに摂取する

水分補給

体のめぐりをつかさどっている水分。これが足りないだけで老廃物も溜まりやすくなるし、汗だって濃度が上がってべたつきやすくなってしまいます。

臭いを抑えるには、やはり水分をこまめに摂取して、体のめぐりを良くしてあげること、つまりあえて発汗を促し、出すときには出してやることが大切です。要は、飲水はデトックスなのですね。

ポイントは、「こまめに」という点です。一気に大量飲むと、うまく吸収されてないばかりか、場合によっては胃腸の働きを阻害し、体調が悪くなったり肥満の遠因になったりもします。入浴前後、睡眠前後、運動前後などを中心に、こまめに飲むようにしましょう。

エアコンを適切な温度で使う

特に冬、寒暖差を大きくしてしまうと、寒いところから暖かいところに入ったときに脇汗が大量に出てきます。それを防ぐためにも、可能であれば寒暖差を小さくしましょう。エアコンの設定温度には十分に気を付けたいところですね。

夏でも、節電を求めるばかりに汗がダラダラになってしまっては本末転倒です。ある程度涼しい環境のほうが、無駄な汗を出さずに済みます。

適度に運動をする

運動

運動不足は体のめぐりを悪くし、自律神経の働きも乱れていきます。すると、体の発汗機能も乱れる上、細菌による臭いも発生しやすくなります。

運動も、デトックスのひとつです。ウォーキングを意識的に行ったり、仕事帰りに一駅早く降りて歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わない生活をしたり、簡単なことで良いので早速始めてみましょう。

運動すれば血行も代謝も上がります。もちろん汗もかきますが、その汗は良質ですし、長期的な目で見れば絶対に健康や美容のためには運動は必要です。制汗をしてから体を動かしに出てみましょう。

通気性の良い服を着るようにする

風通しが悪いと、それだけで雑菌のわきやすい状態となってしまいます。汗を蒸発しやすくすることで、湿気がなくなり、雑菌による臭いが発生しにくくなります。

冬だと、ヒートテックやコートなど、割と風通しの良くないものを着る傾向にあるでしょう。もちろん、寒いのは誰でも嫌ですから気持ちは分かりますが、あまりに脇汗・臭いが気になるのであれば、少し風通しの良いものを着てみると良いかと思います(とは言っても、これは気休め程度のような気もしますが)。

汗をかいたらこまめに拭き取る

これは特に説明するまでもないと思います。汗をかいたときに拭き取るようにすることで、臭いを最小限に抑えることが可能ですね。

発汗をうながす食べ物を少し控えてみる

発汗をうながす食べ物というのは、要は血行を促進させるようなもののことを言います。熱々の料理はもちろん、唐辛子や生姜などが使われた料理もその部類ですね。

「食うな!」とまでは言えませんが、もし食事後に “脇汗を見られたり臭いが漂っては困る” というシーンがあるなら、控えておくのが無難かと思います。

ストレスを定期的に発散する

ストレス発散

ストレスは、汗の質を悪くする原因となります。

脂汗の原因は意外に怖い!SOSを察知して対策をしよう!」の記事の中でも書きましたが、何かしらのストレスがかかった状態では “精神性発汗” というのが多くなります。その汗は、皮脂分が多く雑菌もわきやすいため、臭いの大きな原因になります。

まあ、ストレスといっても、緊張、不安、興奮など多種多様ではありますが、精神状態を安定にさせておく(自律神経の働きを整える)ことこそ、無駄な精神性発汗を抑えるための第一歩です。

日頃からストレスを定期的にストレスを逃がして、精神の安定を保つようにしてみましょう。嫌いな人がいたら、是非、陰で悪口を言いましょう。ただ、人に聞こえないように配慮することは大切ですよ。

◆ 一度ストレスが溜まると、そのストレスがまた新たなストレスを呼び、常に気の張った状態になってしまう。最悪、心の病を抱えることにもなり、脇汗だけの問題だけではなくなってしまうだろう。少しでもストレスが溜まったら、戸惑うことなく発散しよう。ちなみにだが、排便や排尿のときにスッキリするのは、溜まった物を出したからだ。また、胃腸風邪にかかって嘔吐したときも、幾分気分が楽になる。これも同様で、物理的ストレスが解消されたためだ。

睡眠の質を高める

睡眠

自律神経の働きを乱さないためにも、睡眠の質を保つことが大切です。可能なら睡眠時間を多くとると良いですが、それよりも、いかにリラックスして深い眠りを得るか?がキーとなります。

睡眠の質が低下すれば寝不足となり、肉体的にも精神的にもパワーが落ちてしまいます。無駄な汗が出ますし、免疫力の低下によって雑菌も繁殖しやすくなります。

リラックス睡眠に関しては、「寝不足はダメ!ニキビは睡眠と深くかかわっているんだよ!」の記事が参考になると思うので、良かったらご覧ください。

ワキガが気になるなら、皮膚科などで治療もできる

皮膚科

脇汗があまりにひどかったり、ワキガ(腋臭)などの刺激臭に悩まされている人は、皮膚科で治療を受けることで解決できる可能性があります。もちろん、軽い症状であっても、気になる場合は一度医師に診てもらうのが安心かもしれませんね。

ワキガの人は日本人に多いと言われていますが、それは “アポクリン汗腺” に秘密があります。これまでのお話で何となく分かっていただいていると思いますが、実は汗そのものは無臭なのです。しかしアポクリン汗腺の汗にはタンパク質やアンモニアが含まれ、これに皮脂も混ざり、皮膚の常在菌が分解していくことで強い臭いを発します。

そのため、皮膚科での治療は、汗を抑えることに加えてアポクリン汗腺へのアプローチも重要なタスクとなると思います。治療法の詳細については、是非別途調べてみてください。

一方、汗はエクリン汗腺というところからも出ていますが、こちらはワキガや臭いの原因にはなりません。しかし、先ほどの原因が重なったりすることで臭いを発することがあるので、何も対策をしないのは早合点かと思いますね。

では最後に、今回お伝えした対策をまとめて終わりにしましょう。

  • 制汗を徹底する
  • 水分をこまめに摂取する
  • エアコンを適切な温度で使う
  • 適度に運動をする
  • 通気性の良い服を着るようにする
  • 汗をかいたらこまめに拭き取る
  • 発汗をうながす食べ物を少し控えてみる
  • ストレスを定期的に発散する
  • 睡眠の質を高める

たくさんあるので、正直大変かもしれません。でも、やれるところからで良いので是非手を付けてみてくださいね!今後の改善を心よりお祈りします。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ