顔の皮がむけるときの様々な原因とセルフケアについて!

【この記事は 7 分 前後で読めます】

皮がむける

「顔の皮むけ」…なんとも嫌な響きがある言葉です。

表面がベリベリと白い粉のように浮いたり、ぽろぽろと角質が剥がれていったり・・・。

このまま肌荒れが進行して、どんどん変な老け顔になってしまうのではないかと不安になりますよね。

もちろん、どのような感じでむけているのかは、人によってさまざまかと思います。

ここでは、とにかく考えられる原因をお伝えし、自宅でやっておきたいセルフケアについてお話ししたいと思います。

深刻な「乾燥」が主な原因!?

最も多く見受けられるのが、肌の深刻な乾燥。肌の内部まで、しっかりと乾燥し切ってしまっており、肌にうるおいが全然ない、砂漠のような状態といえます。

水分が行き渡っていないからこそ、肌は外界の刺激にも弱く、肌機能も低下した状態になってしまいます。

水分だけではありません。
細胞と細胞のあいだを満たす「細胞間脂質」というものも減っている状態です。

細胞間脂質はレンガのあいだのセメントのようなもの。
細胞と細胞をつなぎ合わせていますが、減ると、その力が弱まり、肌がゆらぎます。

よって肌は弱化し、結束力もなくなり、顔の皮がめくれてきてしまうのです。

乾燥が深刻な肌はどうなっている?

下のイラストは、上が健康な肌、下が乾燥して皮がめくれてきている肌です。

健康な肌と乾燥肌

上の○が健康な肌、下の×が乾燥肌を表しています。
また、水色の矢印は水分紫色の矢印は外部からの刺激を表しています。

健康な肌であれば、水分は保持され、刺激もバリアできます。

乾燥肌がすぎると、イラストのように、水分は抜けやすくなってしまいます。

乾燥肌だと、いざ保湿しても、思ったように効果が出にくい傾向にあります。
紫外線や花粉、チリなどの刺激も受けやすい傾向にあり、いわば、「負のスパイラル」に陥ってしまっていて、整いにくい状態です。

そのスパイラルでは、下記のような現象が起こります。

  • 肌のターンオーバーの乱れ

肌が乾燥し切って肌機能が低下していると、その周期が安定せず、「皮むけ」が深刻化します。

皮むけはセルフケアで改善できる

それなりの対処法(セルフケア方法)がありますから、それをまずは徹底的に行っていくことが大切です。

大切なセルフケアはこんなにもある!

深刻な乾燥により顔の皮がむけるときは、下記のセルフケアに取り組んでみましょう。

  • 低刺激のクレンジング・洗顔料を使う
  • 低刺激の保湿化粧品を使う
  • 極力肌を触らないようにする
  • ピーリングは禁止
  • メイクを控えるか、軽めにしておく
  • 部屋の湿度を良好に保っておく
  • 極力紫外線を避けるようにする
  • 栄養たっぷりのバランス食事をする
  • 質の高い睡眠をしっかりとる

多くで大変かと思いますが、顔の皮むけにはこれらが得策です。

低刺激のクレンジング・洗顔料を使う

クレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔は、スキンケアの最たる基本です。

メイクを乗せたままや、皮脂汚れが付いたままでは、肌に負担になりますし、毛穴もつまりやすくなります。

毎晩きちんと洗うことを忘れないようにしたいところです。

使うべきクレンジング・洗顔料は、必ず低刺激かつ効率的なものを選ぶようにすると良いと思います。
そうでないと、乾燥肌や肌荒れを悪化させてしまう可能性があるからです。

できればW洗顔不要のものがおすすめ。W洗顔をすると、乾燥が悪化したり、肌に負担になってしまいます。

例えば、下記のようなクレンジング料を使ってはいかがでしょうか。

肌荒れ防止に良い天然ビタミンEも入っていて、なおかつ弱酸性なので、皮むけの肌といった荒れの人でも安心して使えるといったものです。

すこやかにすっきり洗い上げてみてください。

>>> マイルド クレンジングジェル

低刺激の保湿化粧品を使う

うるおい

乾燥が大きな原因にあるわけですから、保湿をすることは命のスキンケアといえます。

とは言っても、通常のときとは違って、

いかに刺激をおさえて保湿するか?」

が肝心です。

アルコール入りの保湿化粧品では肌に刺激になることがあります。
また、肌に負担となりうる成分(石油系界面活性剤、パラベン、アルコール、合成香料など)が入っているのも、ちょっと不安ですね。

なので、それらが入っていない「低刺激」のコスメを使うようにしましょう。

基礎化粧品の例をあげますと、たとえば下記のものがドンピシャリでしょうか。

荒れた肌を整えるコウキエキスをはじめ、じっくりとうるおすことのできる保湿成分が豊富です。
また、クリームのバリア力は特許技術によるもので、外からの粉塵や花粉を防ぐことができ、肌荒れ対策に良いでしょう。

うるおうのに重い感じはなく、べたつきもありません。
ぜひ一度チェックされてみてください。

>>> アヤナス

極力肌を触らないようにする

肌にトラブルが発生しているときは、スキンケアやメイクのとき以外、むやみやたら「触らない」というのが鉄則です。

触ると刺激になってしまうだけでなく、めくれた傷口からばい菌が侵入してしまう可能性があります。

すると、ニキビができたり、はたまた炎症が生じたりして、余計に肌荒れが悪化しかねません。

どうしても触る必要があるときは、あらかじめきちんと手を洗ってから触るように心がけましょう。

睡眠のときも、なるべく肌がこすれたりしないように、苦しくないならマスクを付けて寝るのも良いかもしれませんね。

ピーリングは控える

「ピーリングをして、皮のめくれを落としていこう」

と考えている方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

でも、肌は大変弱った状態にあるわけなので、ピーリングは原則控えておきましょう。余計に傷んでしまい、乾燥もさらに悪化してしまいます。

メイクを控えるか、軽めにしておく

メイクを控える

メイクも肌に負担になることがあります

皮がめくれている部分は特に敏感になっていることがあり、異物反応によって炎症が引き起こされてしまうおそれがあるのです。

女性の多くは、メイクをせずして外を出歩くなんて考えもしないでしょう。
隣のライバル女に負けてやいられませんから、メイクは必須です。

でも、皮がめくれてしまっていては、勝負はできません。
早く整えていくことが先決です。

メイクするなら軽めにし、クレンジングのときに少しでも楽に落とせる状態にしておくことが大切かなと思いますね。

部屋の湿度を良好に保っておく

部屋の環境を整えておくことも重要ですね。

「約60%」が肌にとってちょうど良い湿度と言われているので、可能であれば、湿度計と睨めっこしながら、加湿をするようにしてみましょう。

特に冬は、元々乾燥しているのに加えて暖房によって空気がすさまじくカラカラになります。
加湿器があれば積極的に使い、もし無いのであれば、蒸れマスクを買って使うようにしてみましょう。

そして翌朝の念入りな保湿も忘れずに!

極力紫外線を避けるようにする

日傘

当然ながら、紫外線も負担になってしまいます。
元々肌が弱った状態ですと、その影響は計り知れません。

可能であれば極力直射日光を浴びないようにしたいところです。

日傘は必須ですね。

低刺激タイプの日焼け止めも塗って良いと思いますが、程度によっては塗らずにそっとしておいて直射日光を避けるようにするのが良いでしょう。

とは言っても、日光を避けるなんてなかなかできることではありませんよね。

もし紫外線を食らってしまったら、その日はすぐに顔をクールダウンさせ、たっぷりと保湿してあげてくださいね。

ひどく日焼けして痛みがひどいときは、自己判断は避け、早めに皮膚科にかかりましょう。

栄養たっぷりのバランス食事をする

食事

肌をはじめ、体も心も食べ物によって作られています。

スキンケアも大切ですが、何より内面から美しくしていくことこそが、本当の意味での美容。
かわいいモデルさんや魅力的な女性は、皆、食べ物にも細かく気を遣っているでしょう。

タンパク質、炭水化物(糖質)、脂質、ビタミン、ミネラルなどなど、万遍なく摂るように心がけ、偏食や間食はなるだけ避けるようにするのです。

でも、ストイックになって食べ物を我慢したり制限したりすることは、逆にストレスにもなります。

それではいけないので、「ちょっと頑張る程度」で良いと思いますね。

質の高い睡眠をしっかりとる

質の高い睡眠は、自律神経の働きを整えるために有効です。自律神経が整うことで、血行や代謝の乱れが整ったり、ターンオーバーが安定したりします

質の高い睡眠といっても、ただ時間を増やすだけでなく、いかにリラックスしてぐっすり眠られるか?がポイントです。

その手のお話については、「寝不足はダメ!ニキビは睡眠と深くかかわっているんだよ!」の記事の中で述べているので、良かったら是非ご覧くださいね。

乾燥「以外」に考えられる原因とは

以上では、主に深刻な「乾燥肌」が原因である、という前提で話を進めてきました。
というのも、実に多くの方が、その乾燥というものが原因で皮がめくれているからです。

でも、「これは怪しい・・・」といった症状をお持ちの方もいるでしょう。例えば、

  • 赤く炎症している
  • 思いっきりベリベリとめくれてきている
  • 痛くてたまらない …etc.

といった症状です。

上記のケースの場合だと、乾燥肌以外も疑ってかかったほうが良いかもしれません。

どんなものが考えられるのか?というと、

  • アレルギーなどによる肌荒れ
  • 日焼け
  • 皮膚の病気

この3つです。

アレルギーなどによる肌荒れ

アレルギー

アレルギー持ちの人は、それだけで肌が荒れて皮膚がめくれてくることがあります。
特に、春に花粉アレルギーに悩まされる人は多く、それで、

敏感肌×肌荒れ

のトラブルにさいなまれたりしますね。

 花粉から徹底的に肌を守るアヤナス(PR)

原因となるものは花粉だけでなく、猫、蕎麦、青魚等々も、多少なりとも影響するケースもあるでしょう。
中には、引越し後やリフォーム時に、シックハウス症候群によって皮むけが生じてしまう人もいるようです。

ほかにもあります。

稀に、化粧品に入っているアレルゲンによっても肌トラブルが生じます。
アレルゲンが付着すると、肌が、

異物侵入!SOS発信!

という状況になり、その結果、顔が赤っぽくなったり(微炎症)、皮膚がめくれてくることもあります。

アレルギーは厄介で、日頃は何ともなくても、体力が落ちたときにひょっこりと症状に出ることもあります。
体力の落ちやすい季節の変わり目は要注意ですね。

あらかじめアレルゲンが分かっているのであれば、それに合わせた対策を、なるべく早く行っておくことが大切です。

日焼け

夏場に起きる顔の皮むけの原因で確率が高いのは、日焼けです。

春もけっこう危険です。紫外線が降り注ぐ量は、春頃に急上昇するからです。

もっといえば、冬だってあなどれません

長時間日光にさらされていれば、それなりに肌に影響が現れますし、雪の積もった日には紫外線がバンバンと反射してあなたの肌を突き刺します。雪山へウィンタースポーツをしに行って皮むけが生じる人も、案外いるのではないでしょうか?

時間と共に治ることも多いですが、あまりに酷い症状であれば、皮膚科でないと対処しきれないことがあります。

皮膚の病気

皮膚病

ほかにも、皮膚の病気によって皮膚が剥がれ落ちてしまうことがあります。

症状も要因も色々ありますが、ここでは主な疾患・症候を以下に示しておきましょう(少し難しい言葉が出てきます)。

「脂漏性皮膚炎」の患者数は割と多いそうで、その原因も定かでないことから、末永く悩まされている人も少なくないようです。

原因不明のブツブツもたくさんできていたりすれば、「脂漏性皮膚」である可能性も視野に入れておくと良いでしょう。

「脱皮性皮膚炎(紅皮症)」は、赤くただれて皮膚が剥がれる症候だとされていて、脂漏性皮膚炎や乾癬などが引き金となっている場合もあると聞きます。

「乾癬」は皮膚のターンオーバーが乱れる疾患で、生まれつきのものだけでなく、成人になってから発症する人もいるようです。

皮膚病は以上のものだけではないかと思います。
ほかにも、「内臓」の疾患によって肌に症状が出ていることもあるかもしれません。

当方の場合、昔、原因不明のブツブツが大量にできたことがありますが、結局、内服薬を呑んだことによって治りました。塗り薬では治らなかったのです。

おそらく、アレルギーか、体内の不調からきたものだったのかもしれません。

ともかく、病気による皮むけは、挙げ出すとキリが無いように思います。

以上の詳細に関しては、調べてみるとお医者さんが解説している場合がありますので、気になる方は是非お調べになると良いでしょう。

気になる場合は皮膚科へ行こう!

上の原因の項では、少しだけ脅すような感じになってしまいました。
もしお気を悪くされたのでしたらすみません。

でも、たいていの場合は、病気ではなくて、単なる肌トラブルであることが多いと思います。

ひとまず落ち着き、よほど気になるような症状でさえなければ、セルフケアを徹底することを一番にお考えください。

ただ、それでも「どうしても気になる」という人もいるでしょう。

状態の良い悪い関係なく、気になる場合は皮膚科にかかるのが安心かもしれませんね。
万一何らかの病気であった場合は、早めに発見して治療・改善をしていくことが望ましいでしょう。

皮むけが必ずしも悪いとは限らない

以上では、顔の皮むけが悪いことのようにお話を進めてきましたが、必ずしも悪いとは言い切れません

実は良き兆しである可能性も残されているのです。

それは、

「これまでのターンオーバーの乱れが良くなっていっている」
「肌が一生懸命生まれ変わって良い状態に戻ろうとしている」

ときです。

このとき、皮膚がところどころ白くむけたりすることがあるようです。

とはいえ、たとえ良き兆しであっても、保湿と保護をすることや、生活を改善することは、美肌のためには欠かすことのできない重要なタスクといえます。

炎症を伴っていたりあまりにも酷いの場合は、やはりトラブルが生じている可能性も無視できませんので、疑う気持ちも忘れないほうが良いでしょう。

いずれにしても、肌には極力負担をかけず、

正しく優しいセルフケアをやっていく
肌を愛し、うまく付き合っていく

ことが大切ではないでしょうか。

慌てない慌てない!これこそ美の秘訣

慌てない

肌がどんなに悲惨な状態になっていも、そしてどんなに気が滅入っていても、慌てずにスキンケアをすることが大切です。

毎日気長に、やるべきことだけをたんたんと続ける。それも・・・

楽しい気持ちで・・・!

たしかに、隣のライバル女に負けたりするのは、悔しさ半端ないことです。

でも、慌てて治そうとして下手をしてしまうと、余計に肌トラブルが悪化したり老化が進んでしまいます。

絶対に慌てず、長い目で着々とケアを続けていってくださいね。大変かもしれませんが、継続は力なり!塵も積もれば山となる!です。

では、最後に今回お伝えしたセルフケアを、おさらいがてら挙げて終わりにしたいと思います。

  • 極力肌を触らないようにする
  • ピーリングは禁止
  • 低刺激のクレンジング・洗顔料を使う
  • 低刺激の保湿化粧品を使う
  • メイクを控えるか、軽めにしておく
  • 部屋の湿度を良好に保っておく
  • 極力紫外線を避けるようにする
  • 栄養たっぷりのバランス食事をする
  • 質の高い睡眠をしっかりとる

今回ご紹介したおすすめアイテムは、「マイルドクレンジングジェル」と「アヤナス」でした。丁寧に洗い、またしっかりと保湿して肌サイクルを整え、肌荒れ防止を図られてみてください。

>>> アヤナスの公式サイトへ行ってみる

また振り返っていただいても良いですが、見る物だけ見たら、なるべく早く画面から目を離されてみてください。PCやスマホを長時間やることも、美容や健康にはあまり良いとは言えませんからね。

心より、健闘をお祈りします。

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ