てかるほてる油性肌…そんな肌の保湿に良い「ラシュレ」

【この記事は 3 分 前後で読めます】

ラシュレ

皮脂や脂汗でベタベタになったり、夏の日差しや暑さにやられてほてったり・・・。

油性肌(脂性肌)だと、夏は何とも不快感を感じる季節です。

夏ばかりではありません。皮脂の過剰な分泌は、「冬」でも無縁ではないのです。

おそらく、肌の調子が良くなかったり、ストレスや生活の乱れで皮脂調整がうまくできていなかったりするのが原因になっているのかもしれません。

ところが、「油性肌」に見合った保湿化粧品というのは、そう多くありません。だから、ニキビ向けの化粧品や、おとなしく一般的な保湿化粧品で代用することがよくありますね。

でもこのたび、純粋な油性肌向けの化粧品を知ることができましたので、早速手に入れて使ってみました!以下、簡単にレビューしていこうと思います。

アルトパブリックの「RaSuRe(ラシュレ)」

今回使ったのは、アルトパブリックという会社から出ている、

「RaSuRe」(以下、ラシュレ)

という、皮脂バランスを整えることのできる保湿ジェル(医薬部外品)です。

冒頭にも写真を貼り付けましたが、もう一度ご覧いただこうと思います。

ラシュレ

自然を感じさせる、緑色のパッケージが特徴的ですね。

「デザインはさほど大事ではない」と考える人もいると思いますが、皮脂が嫌いな当方にとっては、よくあるピンクやオレンジのパッケージよりも、涼しげな色のほうが「使ってみたい!」という気持ちになりますよね。

パッケージの側面には、効能と効果について書いてありました。

ここにて同じく列挙しておきたいと思います。

効能・効果

  • 油性肌。
  • あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。
  • 肌あれ。あれ性。
  • かみそりまけを防ぐ。
  • メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。
  • 日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。
  • 肌をひきしめる。
  • 肌を清浄にする。
  • 肌を整える。
  • 皮膚をすこやかに保つ。
  • 皮膚にうるおいを与える。
  • 皮膚を保護する。
  • 皮膚の乾燥を防ぐ。

2017年11月現在では、このような効能・効果があるとのことです。

油性肌のみならず、日に焼けてしまった肌やほてった肌にも良いようですね。思いのほか万能なようです。

また、にきびやあかぎれ、肌荒れなどといった炎症タイプの肌トラブルのケアや保湿にも力を発揮するようなので、冬でも安心して使えそうですね。

効果等は思ったより幅が広いですが、総じて考えれば、「油性肌の人が肌の調子を整える」ための保湿アイテムと言えそうです。

塗りやすく、軽く、もっちりとした仕上がり!

ラシュレの中身

中身はジェルなので、やや透明感のある白。

肝心の使い心地ですが、非常に良かったです。文句なしでした。

非常に伸びがよく、塗りやすかったですね。けっこうしなやかに伸びてくれました。

香りは、微香性でした。「ン?」というのが第一印象でしたが、慣れてきたら、「なんか草木のような青っぽい感じだなあ」と思い至りました。

まさに夏っぽいイメージというか、爽やかというか、いかにも油性肌向けって感じの香りですね。言ってること意味不明ですみません(^^;)

花のような香りではないので、好みは分かれそうです。当方にとっては、全く問題ない香りでした。

仕上がりは非常に軽かったです。油性肌の人にとっては、あまりべたつくのはよろしくないので、軽い仕上がりなのは大きな長所だと思います。

保湿力もあるため、もっちとした触り心地の肌になりましたが、冬~春にかけての乾燥・敏感肌の時期だと、人によっては別途化粧品を使って保湿強化したほうが良いかもしれませんね。

以上、特段、目立った何かがあったというわけではないですが、質がとても良かったですね。ひっそり使って、ひとりほくそ笑むのも悪くないなあと思いました(笑)

大きさ的にも大きくないので、カバンや化粧ポーチに入れて持ち運びできます。

気に入ったので、しばらく使い続けてみます!

>>>「ラシュレ」がお得に手に入る公式サイトはこちら

有効成分や気になる成分は?

気になる方もいらっしゃると思うので、成分についても書いておこうと思います。

成分表示を見ると、有効成分として「水溶性プラセンタエキス」「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)」が入っていることが分かります。

水溶性プラセンタエキスには、保湿したり、角質層をしなやかにしたりする働きがあり、グリチルリチン酸2Kも肌荒れを防いだりする働きがあります。

結果として、肌を整え、皮脂のケアになると言えましょう。

もちろん、以上以外にも気になる成分が入っていて、整肌や保湿に良い「3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)」や「酵母多糖体末」「ヒアルロン酸Na-2」など。それから公式サイトには、毛穴引き締め&皮脂ケア効果のある「サイプレス」や「アーチチョーク葉(アーティチョークエキス)」が書いてありました。

ところがパッケージの成分表示には、「サイプレス」らしき名称が見当たらず・・・。

成分名を一個一個調べましたが、当方は植物知識に疎く、よく分かりませんでした。サイプレスはヒノキの仲間なのですが、きっと成分のどれかが、サイプレスから抽出されているのではないかと思います。

なお、全成分は以下のとおりです。

〈有効成分〉水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
〈その他の成分〉ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタミン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイウルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質、香料

ラシュレの成分パッケージ裏の成分表示

 

・・・もし油性肌をケアしたいと望んでおられるなら、ラシュレをひとつ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

なかなか貴重なアイテムかもしれません。

>>> 「ラシュレ」がお得に手に入る公式サイトはこちら

以上でラシュレのレビューを終ります。
すこやかにケアを続けていきましょう!

 

 
スポンサーリンク


このページの先頭へ